STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

福祉機器・アプリ

【代理電話】プラスヴォイスの電話リレーサービス

投稿日:2016年2月7日 更新日:

代理電話とは

聴覚や言語に障害がある方が電話をかけるとき、本人の代わりにオペレーターが電話をかけて、《本人→オペレーター→相手》の順にリレー形式で内容を伝えるサービスです。

今回は株式会社 プラスヴォイスが提供する電話リレーサービスを紹介します。

dairi2

リレーサービスの流れ

1.本人→オペレーター

まずは、本人がオペレーターに用件を伝えます。その際の方法は、テレビ電話による手話や筆談、メール、FAXなど様々な方法で伝えることができます。また、使用できるメールやアプリの種類も豊富で、本人のお持ちの環境にできる限り対応できるよう配慮されています。

dairi3

2.オペレーター→相手

次にオペレーターから相手に電話をかけて用件を伝えます。

3.オペレーター→本人

そして、電話の内容をオペレーターからリアルタイムで手話と文字で本人に伝えます。テレビ電話の利用によりスムーズな意思疎通が図れるため、プラスヴォイスはテレビ電話の利用を勧めています。

費用

  • フリーコース 324円/回
    制限なし。(利用がなければ月額0円)
  • ミニコース 1,080円/月
    1ヶ月5回までのご利用(超過分は324円/回)
  • ライトコース 2,160円/月
    1ヶ月10回までのご利用(超過分は324円/回)
  • ミドルコース 3,240円/月
    1ヶ月20回までのご利用(超過分は324円/回)
  • ヘビーコース 5,400円/月
    回数無制限

広がるサービス

代理電話サービスは個人の利用だけでなく、企業にも導入が広がっています。
※例 ANA専用代理電話サービス

dairi4

プラスヴォイスのその他のサービス

プラスヴォイスは代理電話サービスの他にも、聴覚・言語障害者向けに様々なサービスに取り組んでいます。

遠隔通訳サービス

企業の受付・窓口・店頭とコールセンターをインターネット回線を用いてテレビ電話でつなぎ、通訳を行います。
遠隔通訳サービス

dairi5

手書き電話UD

オンラインの手書きチャットアプリです。「誰でも簡単に使いやすく」をコンセプトに提供されたアプリで、インターネットを使って離れた相手とリアルタイムに手書きでコミュニケーションをとることができます。

詳しくは【手書き電話UD】筆談による電話アプリをご覧ください。

tegaki1

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-福祉機器・アプリ
-

執筆者:

関連記事

【シルウォッチ】来客・FAXを振動で教える聴覚障害者向け腕時計型屋内用信号装置

シルウォッチとは インターフォンが押されたときやFAXが受信したときなど、聴覚に障害を抱えている人はそれらの音が聞こえずに来客やFAXに気づくことが遅れてしまいます。 シルウォッチはそれらの機器と接続 …

「ドコモ」難聴者向け電話文字変換サービス「みえる電話」を開発。モニター募集

NTTドコモが平成28年10月19日に、聴覚障害者や耳の聞こえづらい高齢者のスマートフォン利用をサポートする新機能「みえる電話」を発表しモニター募集を開始しました。 専用アプリ「みえる電話」を用いて発 …

AAC(拡大・代替コミュニケーション)とは

AAC(Augmentative and Alternative Communication;拡大代替コミュニケーション)とは、話すこと・聞くこと・読むこと・書くことなどのコミュニケーションに障害のあ …

no image

ICTとは

ICT(Information and Communication Technology)とは、情報通信技術の総称です。従来から使われていたIT(Information Technology)の概念を …

災害リハの必需品!防災保護帽「アボネット」

災害リハや被災地支援に必須といえるヘルメット。しかし、ヘルメットは頭部保護には良いですが、持ち運びには若干の不便さを感じます。その問題を解消すべく保護帽の未来を切り開いた商品があるようです。その名も「 …