STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

「 リハビリ・医療 」 一覧

誤嚥と誤嚥性肺炎

誤嚥とは 通常、食べ物を嚥下するときには、食べ物は食道へ流れ込みますが、これが食道ではなく気管に入ってしまう状態のことを誤嚥といいます。 誤嚥をしたときには、激しくむせて誤嚥物を喀出しようとする防御機 …

摂食・嚥下障害の原因

摂食・嚥下障害の原因 嚥下障害の原因は、器質的(解剖学的)原因、機能的(生理学的)原因、心理的原因、加齢にともなう機能低下の4つに分けられます。 器質的(解剖学的)原因 器質的障害とは、口腔、咽頭、食 …

嚥下体操

嚥下体操 嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。 体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを …

摂食障害(拒食症と過食症)

摂食障害(拒食症と過食症) 神経性食欲不振症(拒食症)、神経性過食欲症(過食症)、特定不能の摂食障害は、食行動の異常に基づく原因不明の難治性の疾患です。 神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症と …

食べやすい食品と食べにくい食品

食べやすい食品と食べにくい食品 嚥下障害者には、食べやすい食品と食べにくい食品があります。 食べやすい食品とは、「口の中で拡がらず、くっつかずにひと塊りで飲み込める食品」です。逆に口の中でバラバラにな …

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …

特異的言語発達障害

特異的言語発達障害とは 言語発達に関わる要因としての聴覚障害、知的障害、対人関係障害(広汎性発達障害)、脳の器質的障害、発声発語器官の障害、環境の問題などに原因がないにもかかわらず、言語発達が特異的に …

広汎性発達障害

広汎性発達障害(pervasive developmental disorders:PDD)とは、生まれつき脳に問題があり、幼児のころから相互的な社会的関係能力、コミュニケーション能力、などいくつかの …

脳性まひ

脳性麻痺とは、脳の損傷によって起こる中枢性の姿勢・運動の障害であり、原因や症状が重なりあい、ひとつの症候群模様を示します。 定義 日本では、「受胎から新生児(生後4週以内)までの間に生じた、脳の非進行 …

学習障害

学習障害(Learning Disabilities:LD)とは、日本では、文部省の平成11年「学習障害児に対する指導について(報告)」により以下のように定義さています。 「基本的には全般的な知的発達 …