言語聴覚士リハビリテーション情報サイト:STナビ
更新情報

勉強・国家試験対策

第5回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問日常診療の場で推奨されないのはどれですか。 患者との共同作業 患者の自己決定権 患者の自己選択権 インフォームドコンセント パターナリズム 解答例 第2問正しいのはどれか。 環境的要因をシミレーションして検討を行う …

第4回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問適切でない組み合わせはどれか。 Saussure  ーー  人工内耳の開発 Bell  ーー  難聴者の言語教育 Broca  ーー  言語中枢の発見 Binet  ーー  知能検査の作成 Piaget  ーー …

第4回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問図は我が国の主要死因別に見た死亡率の年次推移を示す。脳血管疾患はどれか。 A B C D E 解答例 第2問生活習慣病で誤っているのはどれか。 喫煙による肺気腫 食塩過剰摂取による脳卒中 肥満によるインスリン依存型 …

第3回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問脳損傷に起因する構音およびプロソディの障害はどれか。 失語症 発語失行 言語発達遅滞 機能性構音障害 吃音 解答例 第102問適切な組み合せはどれか。 a.声門破裂音 - 音声障害 b.保 続 - 失語症 c. …

第3回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 介護保険制度の保険者はどれか。 国 都道府県 市町村 医療保険者 年金保険者 解答例 第2問 職業病はどれか。 気管支喘息 じん肺 水俣病 慢性ヒ素中毒 イタイイタイ病 解答例 第3問 鰓弓神経に含まれないのはど …

第2回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 言語聴覚障害学の歴史について正しいのはどれか。 我が国では1930年代に言語治療教室が設置された。 言語聴覚障害学はアメリカにおいて2世紀に近い歴史を有している。 ヨーロッパでは19世紀はじめに音声言語医学の …

第2回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 WHOが定める健康の定義に含まれるのはどれか。 社会的に良好な状態 経済的に良好な状態 職業的に良好な状態 環境的に良好な状態 家庭的に良好な状態 解答例<1>   第2問 パターナリズムの …

第1回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 発音の障害が主症状であるが原因は明らかにされておらず、ことばの習得期に問題化することが多いのはどれか。 機能性構音障害 言語発達遅滞 吃音 失語症 器質性構音障害 解答例<3>   第1 …

第1回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 誤っている組み合せはどれか。 片麻痺 - 機能障害 運動失調症 - 能力障害 構音障害 - 機能障害 復職困難 - 社会的不利 歩行障害 - 能力障害 解答例<2>   第2問 近年、我が国 …

第16回言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 薬の効果を照明するための研究について正しいのはどれか。 1. 今までにその薬を内服した人を調べるのを前方視的研究という。 2. 比較対照のために用いられる、有効成分のない薬をプラセボ(偽薬)という。 3. 参 …

« 1 2 3 4 5 »

-PR-

Twitter

  • twitter

告知


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © STナビ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.