ブローカ失語とは

no-broca

たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保たれていますが、書く力に関しては特に仮名文字が困難になります。
軽度の場合は、名詞が言えない程度ですが、重度の場合はことば自体が出なくなってしまいます。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢
聴理解 比較的正常
復唱 障害あり
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 正常~障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 発語失行、喚語困難、音韻性錯語、語性錯語、失文法
損傷部位 ブローカ領野を中心とする左中心前回及び後回、島などの前方言語領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
STナビ管理人。言語聴覚士。