STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

ウェルニッケ失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

ウェルニッケ失語とは

no-wernicke

滑らかで流暢ですが、中身がなく作ったような発話が特徴で、発話量は正常並みからそれ以上にあります。言葉の誤りがひどく、言おうとしている言葉が何か判別できないほどに変化してしまうことがあり、また、本人にその誤りを修正しようという試みが見られないことが多いです。聴こえの理解力は著しく障害されてしまいます。書く力はあるが、統語的誤りがあり、長い文や構造的な文の作成は困難です。読む力は聴こえの理解力に比べれば良好な場合が多いです。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語
聴理解 障害あり
復唱 障害あり
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 喚語困難、音韻性錯語、語性錯語、ジャーゴン、新造語
損傷部位 ウェルニッケ領野を含む左側頭葉、角回、縁上回などの後方言語領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

喉頭麻痺

喉頭の動きに関係する神経に何らかの原因が生じて、声帯やその他の喉頭の筋肉の動きが障害された状態を喉頭麻痺といいます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

失語症会話パートナー・失語症友の会

失語症者の会話パートナーと友の会について説明します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

耳あな型?耳かけ型?補聴器の種類と選び方を説明

補聴器はポケット型や耳かけ型、耳あな型など様々な形状があり、また、機種ごとに聞こえ具合も違ってきます。ここでは、多くの種類の中からご自分に合う補聴器を探すコツをご説明します。 形状から選ぶ 補聴器は、 …