ウェルニッケ失語とは

no-wernicke

滑らかで流暢ですが、中身がなく作ったような発話が特徴で、発話量は正常並みからそれ以上にあります。言葉の誤りがひどく、言おうとしている言葉が何か判別できないほどに変化してしまうことがあり、また、本人にその誤りを修正しようという試みが見られないことが多いです。聴こえの理解力は著しく障害されてしまいます。書く力はあるが、統語的誤りがあり、長い文や構造的な文の作成は困難です。読む力は聴こえの理解力に比べれば良好な場合が多いです。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語
聴理解 障害あり
復唱 障害あり
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 喚語困難、音韻性錯語、語性錯語、ジャーゴン、新造語
損傷部位 ウェルニッケ領野を含む左側頭葉、角回、縁上回などの後方言語領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
STナビ管理人。言語聴覚士。