STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

全失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

全失語とは

no-global

「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢あるいは全くなし
聴理解 重度の障害あり
復唱 重度の障害あり
呼称 重度の障害あり
読みの能力(音読) 重度の障害あり
読みの能力(理解) 重度の障害あり
書字能力 重度の障害あり
特徴的症状 最も症状の重い失語症
損傷部位 ブローカ領野を中心とした前方言語領域とウェルニッケ領野を中心とした後方言語領の広範囲

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

器質性構音障害

器質性構音障害とは 言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。 原因 器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なもの …

音声障害とは

風邪を引いて咳がひどく出た後、お酒を飲みすぎた後、カラオケで歌いすぎた後etc…のどを普段よりも酷使した後に「声が嗄れてガラガラになった」、「声が出なくなった」という経験はないでしょうか? これらの症 …

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。 …

FM補聴システム

FM補聴システムとは FM補聴システムとは、FM電波(169MHz帯)を使用して離れた場所にいる人の声を補聴器に直接届ける機器のことです。 機器は、話し手がもつFM送信機(マイク)と補聴器に接続するF …

高次脳機能障害者の支援のポイント

記憶障害の症状と対応 予定や約束を忘れる。 同じことを何度も尋ねているのに気付かない。 片づけた場所を忘れて物をなくす。 人の名前、作業の手順が覚えられない。 予定や約束はメモし、目につくところに貼る …