STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性感覚失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性感覚失語とは

no-tcsa

発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した言葉の意味は判別できません。また、相手の言葉をそのまま言う反響言語(オウム返し)が特徴的に見られます。読む力も同様で、音読できますが、意味は理解できない読解障害が起こります。書く力は仮名文字の書き取りは可能ですが、自発的な書き出しは障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語、反響言語
聴理解 重度の障害あり
復唱 良好~きわめて良好
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 語性錯語、反響言語
損傷部位 ウェルニッケ領野周辺、左側頭-頭頂-後頭葉接合部領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器

外耳道レシーバー耳かけ型とは 外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳 …

吃音の言語症状

吃音の言語症状 吃音には3種類の特徴的な症状があります。一つ目はことばの話し方そのものにみられる言語症状、二つ目は言語症状に連動して身体面に起こる運動や動作などの随伴症状、三つ目は吃音によって引き起こ …

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

情報保障機器 聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音が聞こえない場合に光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振 …

変声障害(思春期声変わり障害)

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメ …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ