STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性感覚失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性感覚失語とは

no-tcsa

発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した言葉の意味は判別できません。また、相手の言葉をそのまま言う反響言語(オウム返し)が特徴的に見られます。読む力も同様で、音読できますが、意味は理解できない読解障害が起こります。書く力は仮名文字の書き取りは可能ですが、自発的な書き出しは障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語、反響言語
聴理解 重度の障害あり
復唱 良好~きわめて良好
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 語性錯語、反響言語
損傷部位 ウェルニッケ領野周辺、左側頭-頭頂-後頭葉接合部領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

運動障害性構音障害

運動障害性構音障害とは 脳の損傷や神経・筋疾患による構音器官の運動障害により、正しい構音ができない状態のことを運動性構音障害といいます。 原因 脳卒中や頭部外傷などの脳の損傷、パーキンソン病や筋萎縮性 …

補聴器はどこで買うの?購入までの流れを説明

初めて補聴器を購入する場合、どこで購入すればよいのか、どうやって購入すればよいのか悩むことだと思います。 補聴器専門店が先か病院の受診が先か。ここではスムーズに補聴器を購入するための流れを説明します。 …

補聴器の福祉制度の利用

総合支援法による補装具費支給制度 障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。 聴覚障害の等級や障害の状況により支 …

失語症者向け意思疎通支援事業がスタートしました!

失語症は、脳卒中や事故等で脳が傷つくことによって生じる言葉の障害です。症状としては、話すこと、書くこと、読むこと、聞くこと、といった言葉を用いる能力全般が低下します。そのため、失語症の方が社会参加を果 …

脳の機能と構造

脳の機能と構造 脳とは、運動・知覚などの情報伝達の最上位中枢器官であり、また、感情・情緒・理性などの精神活動においても重要な役割を果たしています。 脳は大きく分けて、大脳(終脳)、間脳、小脳、脳幹の4 …