-スポンサードリンク-

超皮質性運動失語とは

no-tcma

発話は話しかけられない限り、自ら話し始めることはほとんどなく、話すときも発音はなめらかですが、口ごもったり、吃音のように繰り返しがみられ、さらに簡単な言葉でしか話せません。しかし、復唱や質問になると、問題なく話し、長文も可能です。聴こえの理解は良好です。読みの力は、理解は良好ですが、音読は発話同様障害されています。また、書く力も発話同様に障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢
聴理解 比較的正常
復唱 良好~正常
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) おおむね良好
書字能力 障害あり
特徴的症状 発話の減少、声量低下、保続
損傷部位 ブローカ領野の前方あるいは上方、補足運動野を含む左前頭葉内側面、左側脳室前角の前外側部白質など

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
STナビ管理人。言語聴覚士。