STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性運動失語の症状と特徴

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性運動失語とは

no-tcma

発話は話しかけられない限り、自ら話し始めることはほとんどなく、話すときも発音はなめらかですが、口ごもったり、吃音のように繰り返しがみられ、さらに簡単な言葉でしか話せません。しかし、復唱や質問になると、問題なく話し、長文も可能です。聴こえの理解は良好です。読みの力は、理解は良好ですが、音読は発話同様障害されています。また、書く力も発話同様に障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢
聴理解 比較的正常
復唱 良好~正常
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) おおむね良好
書字能力 障害あり
特徴的症状 発話の減少、声量低下、保続
損傷部位 ブローカ領野の前方あるいは上方、補足運動野を含む左前頭葉内側面、左側脳室前角の前外側部白質など

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブローカ失語

ブローカ失語とは たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保 …

変声障害(思春期声変わり障害)

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメ …

誤嚥と誤嚥性肺炎

誤嚥とは 通常、食べ物を嚥下するときには、食べ物は食道へ流れ込みますが、これが食道ではなく気管に入ってしまう状態のことを誤嚥といいます。 誤嚥をしたときには、激しくむせて誤嚥物を喀出しようとする防御機 …

脳・神経に関する記事まとめ

脳や神経に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆 …

自閉症と自閉症スペクトラム

自閉症(autism) 自閉症とは、社会的なルールが苦手、コミュニケーションが苦手、興味にこだわりがある、の3つを主症状とした生まれつきの発達障害です。 自閉症のお子さんによくみられる行動としては、目 …