STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性運動失語の症状と特徴

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性運動失語とは

no-tcma

発話は話しかけられない限り、自ら話し始めることはほとんどなく、話すときも発音はなめらかですが、口ごもったり、吃音のように繰り返しがみられ、さらに簡単な言葉でしか話せません。しかし、復唱や質問になると、問題なく話し、長文も可能です。聴こえの理解は良好です。読みの力は、理解は良好ですが、音読は発話同様障害されています。また、書く力も発話同様に障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢
聴理解 比較的正常
復唱 良好~正常
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) おおむね良好
書字能力 障害あり
特徴的症状 発話の減少、声量低下、保続
損傷部位 ブローカ領野の前方あるいは上方、補足運動野を含む左前頭葉内側面、左側脳室前角の前外側部白質など

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器

外耳道レシーバー耳かけ型とは 外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳 …

脳の機能と構造

脳の機能と構造 脳とは、運動・知覚などの情報伝達の最上位中枢器官であり、また、感情・情緒・理性などの精神活動においても重要な役割を果たしています。 脳は大きく分けて、大脳(終脳)、間脳、小脳、脳幹の4 …

広汎性発達障害

広汎性発達障害(pervasive developmental disorders:PDD)とは、生まれつき脳に問題があり、幼児のころから相互的な社会的関係能力、コミュニケーション能力、などいくつかの …

赤ちゃん用ベビー型補聴器

ベビー型補聴器とは 生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 ※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例 ベビー型補聴器を使 …

低酸素脳症とは

低酸素脳症とは 低酸素脳症とは、循環器や呼吸器の不全などにより、十分な酸素の供給ができなくなり脳に障害をきたした病態を言います。 低酸素脳症には、通常、組織への血流量の低下(虚血)と、血液の酸素運搬能 …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ