STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性混合失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性混合失語とは

no-mixed

発話は非流暢で、自分からはほとんど話しません。しかし、質問するとそれをそのまま、あるいは一部を繰り返す反響言語(オウム返し)や文章の残りの部分を続ける補完現象がみられます。復唱は良好ですが、意味の理解を伴いません。聴こえの理解、読み書きは重篤に障害されます。

超皮質性混合失語は、ブローカ領野の前方あるいは上方および左側頭-頭頂-後頭葉接合部領域が損傷を受けた場合に生じる失語症です。ブローカ領野およびウェルニッケ領野とそれを結ぶ領域、つまり、言語を司る領域が周囲から孤立した状態になるため、別名、言語野孤立性症候群と呼ばれています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 非流暢、反響言語
聴理解 重度の障害あり
復唱 良好
呼称 重度の障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 反響言語、補完現象
損傷部位 ブローカ領野の前方あるいは上方および左側頭-頭頂-後頭葉接合部領域

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

嚥下障害のリハビリテーション(間接訓練)

嚥下障害のリハビリテーションについて 摂食・嚥下障害に対するリハビリテーションには、嚥下器官へ刺激や運動を加えて間接的に嚥下を改善しようとする間接訓練(機能改善アプローチ)と姿勢や食物形態の調整、摂取 …

変声障害(思春期声変わり障害)

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメ …

内耳の疾患

内耳とは 蝸牛(かぎゅう)とそこからつながる神経から作られる器官を内耳と呼びます。 内耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 内 …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

聴覚障害者のコミュニケーション方法

コミュニケーション方法の種類 聴覚障害者のコミュニケーション方法において代表的なものは4つあります。手話、筆談、読話、音声(補聴器・人工内耳)です。ここでは、それぞれのコミュニケーション方法について紹 …



サイト内検索