STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

失語症の評価とリハビリテーション

投稿日:2015年10月1日 更新日:

評価

失語症の評価は、失語症の有無の判断と言語症状の把握、失語症のタイプと重症度の判定、運動性構音障害や高度脳機能障害などの合併症の鑑別、を目的で行います。そして、この評価に基づいて予後を推定し、訓練目標や治療計画を立案していきます。

リハビリの進み具合を確認することで失語症者本人のモチベーションを上昇させ、より質の高いリハビリを行うことができるようになると考えられています。そのため、評価は定期的に行い、リハビリの進捗状況の確認・見直し、リハビリ計画の修正をしていきます。

評価の方法は、総合的失語症検査、掘り下げ検査、ADLに関する検査があります。

総合的失語症検査

失語症が疑われる患者に行う失語症を総合的に評価する検査です。
聴理解、発話、読解、書字、計算の言語機能全般をみることができ、検査所見から失語症のタイプや重症度が判定できます。
総合的失語症検査には、標準失語症検査(SLTA)WAB失語症検査日本版失語症鑑別診断検査があります。

掘り下げ検査

掘り下げ検査とは、総合的な失語症検査を実施し、言語機能全般について把握した後に行う検査です。
この検査は、特定の言語機能についてより詳細な情報を得るために行います。

掘り下げ検査は、市販されている検査を使用する場合もありますが、STが患者の症状に合わせて作成する場合もあります。

ADLに関する検査

ADL(activities of daily living)とは、日常生活動作のことです。総合的な失語症検査では、言語機能全般の評価を行いますが、日常生活で行われるコミュニケーションとは、言語的手段だけでなく、文脈の情報、その場の状況判断、身振り手振りなどあらゆるものを利用しています。なので、失語症の検査とは別にコミュニケーション能力検査を行い、実用的なコミュニケーション能力の評価や言語機能との間の乖離性などを判定します。

リハビリテーション時期

失語症のリハビリテーションは発症からの時期によって3つに分けられます。

  • 発症直後の急性期
  • 全身状態が落ち着き、本格的なリハビリテーションを行う回復期
  • 自宅や入所施設など生活場面における行動範囲の拡大や言語機能の維持を中心とする慢性期

失語症の治療は一般的には難しく、完全に戻ることはほぼないといわれています。これは、一度ダメージを負ってしまった脳の神経細胞は二度と回復することはないと考えられているからです。

しかし、人間の脳とは、一部の機能を失ってしまっても脳のほかの部位がその機能を代行するという働きを見せることがあります。

そのため、失語症を患ってしまっても、あきらめずに治療を続けることで日常生活を送るのに不自由のない程度まで回復している方もいます。

言語能力を回復させるためのリハビリは根気が必要で、家族や友人など周囲の理解と手助けが重要となってきます。

発症からの時期によって、リハビリテーションの重点や考え方が異なってきますので、しっかりと理解し、前向きにリハビリテーションに取り組めるよう家族と言語聴覚士が協力してサポートしていく必要があります。

急性期

発症直後は、身体状態の不安定さ、意識障害、知的精神活動の低下などさまざまな問題が現れてきます。また、状態が変動しやすく、症状が消失することもあれば逆に明確になることもあります。なので、経過を見ながら症状の把握、リハビリテーションを開始します。

この時期の訓練は、障害の性質や程度を把握し、残っている身体機能によるコミュニケーション手段の確保を行います。

回復期

全身状態が安定し、自己の状態が自覚できるようになる回復期は、機能回復訓練を集中的に行います。本格的なリハビリテーションが開始するため、急性期病院からリハビリテーション病院に転院する場合も多いです。

この時期は、詳細な評価が可能となるため、各言語機能ごとの訓練を行います。

慢性期

言語機能の改善が緩徐になり障害が残存する場合には、実際の生活場面において回復した言語機能を最大に生かし、機能レベルを維持するように、コミュニケーション能力に対する訓練や患者の活動範囲拡大の働きかけを行います。

この時期は、ことばに代わる代償手段の獲得を目指し、ジェスチャーや描画、コミュニケーションノートの使用の訓練や代償手段を有効に活用できるような訓練を行います。
また、生活の質を高めるために、趣味や地域活動、失語症友の会への参加を促したり、地域の失語症パートナーの活用を薦めたりします。職場復帰した方には、その時点でリハビリテーションを終了とはせず、問題がないことが確認できるまで経過を見守っていきます。

リハビリのモチベーション

失語症患者のリハビリには年単位の期間が必要になります。
具体的な目標は「他者とのコミュニケーション能力の回復」とはっきりしていますが、失語症の他に麻痺や半側空間無視などの後遺症がある場合は、それぞれに対してもリハビリが必要になります。

そのため、医師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカーなどでチームを組んでの医療を提供していきます。

しかし、長い期間、たくさんのリハビリを行っていくため、リハビリのモチベーションを保てなかったり、リハビリがストレスに感じてしまったりする時期もあります。

モチベーションを保たせるためには、毎日のリハビリ日記をつけて、進歩の過程を実感することが推奨されています。また、ストレス緩和として、リハビリと並行してカウンセリングを行うことも増えてきています。

高いモチベーションで取り組むリハビリはとても効果的です。ですが、ストレスを感じてしまったり、家族がリハビリを負担と思ってしまったときには、ちょっとの期間、リハビリを休んでみるのも悪くないという考えもあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-, , ,

執筆者:

関連記事

嚥下障害まとめ

嚥下障害に関する記事をまとめています。新しい記事を投稿しましたらこちらに随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイ …

中耳の疾患

中耳とは 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官を中耳と呼びます。 中耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

音声障害とは

風邪を引いて咳がひどく出た後、お酒を飲みすぎた後、カラオケで歌いすぎた後etc…のどを普段よりも酷使した後に「声が嗄れてガラガラになった」、「声が出なくなった」という経験はないでしょうか? これらの症 …

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。 …