STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 構音障害

機能性構音障害

投稿日:2015年10月1日 更新日:

機能性構音障害とは

耳の聞こえに問題がなく、言葉を発するために必要な器官(唇や舌など)に異常がないにも関わらず、正しい構音ができない状態のことを機能性構音障害といいます。

原因

原因はいまだ解明されていませんが、以下のことが関係していると考えられています。

  • 構音に必要な器官(唇や舌など)の運動機能の未熟さ
  • 誤った音と正しい音を弁別する力の遅れ
  • 言葉のモデルや言葉の習得を支える言葉環境の問題

音の誤り方の特徴

音の誤り方には、発達途上に見られる音の誤りと特異的な構音の仕方をしている異常構音といわれるものがあります。

発達途上の音の誤り

発達途上の音の誤りは、こども特有の構音障害であり、単語の音が正しく発音できないことや発音しようとしている音が別の音に換わってしまうことなどがみられます。

  • 置換え
     [さかな→たかな]のように、「さ」を「た」と誤って構音してしまっている状態。
  • 省略
     [でんわ→えんわ]のように「で」の子音「d」が抜けてしまっている状態。
  • 歪み
     日本語には分類できないくらいに音が歪んでしまっている状態。

異常構音

異常構音は、本来の構音の仕方(舌、口蓋、唇の動き)とは誤った方法で音を出している状態で、機能性構音障害のほかに口蓋裂の術後のこどもにもみられることがあります。

自然治癒する場合もありますが、長く訓練期間のかかるものもあります。

訓練

言葉の発達には個人差がとても大きいものですが、4~5歳になると日本語にある音のほとんどが言えるようになります。 また、発音の不明瞭さなどでコミュニケーションに困難をきたす事(周りから指摘され心理的ダメージを受ける)もありますので、 この4~5歳が発音訓練の目安とされています。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 構音障害
-

執筆者:

関連記事

脳波を利用した聴力検査

脳波を利用した聴力検査とは 純音聴力検査や語音聴力検査、幼児聴力検査は、「きこえ」を調べるにあたって、検査を受ける本人に「きこえる」「きこえない」を応答してもらう自覚的聴力検査と言います。しかし、この …

脳血管障害(脳卒中)とは

脳血管障害(脳卒中) 脳血管障害(CVA:cerebrovascular accident)とは、脳の血管系の異常によって起こる病態全てを意味することばです。脳血管障害は医学的な呼び名で、一般的には脳 …

構音の発達と仕組み

構音の発達 構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。 子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ …

ウェルニッケ失語

ウェルニッケ失語とは 滑らかで流暢ですが、中身がなく作ったような発話が特徴で、発話量は正常並みからそれ以上にあります。言葉の誤りがひどく、言おうとしている言葉が何か判別できないほどに変化してしまうこと …

誤嚥と誤嚥性肺炎

誤嚥とは 通常、食べ物を嚥下するときには、食べ物は食道へ流れ込みますが、これが食道ではなく気管に入ってしまう状態のことを誤嚥といいます。 誤嚥をしたときには、激しくむせて誤嚥物を喀出しようとする防御機 …