STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 構音障害

構音の発達と仕組み

投稿日:2015年10月1日 更新日:

構音の発達

構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。
子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ」は遅れて習得していきます。すべての音が正しく構音できるようになるのは、個人差がありますが、大体6,7頃になります。

子どもは正しい音が構音できるまでの間、自分のレパートリーの中から口の動きが近い音を代わりに構音します。また、音とことばの関係が未熟なため、単語を短く発音したり(みかん→かん)、音が入れ替わったり(エレベーター→エベレーター)、同じ音を使ったり(はっぱ→ぱっぱ)します。
この発達の途中に見られる音の誤りは、発達に問題がなければ、成長とともに徐々になくなっていき、自然に正しい音に習得されていきます。

構音の仕組み

ことばを発するのに用いられる器官(舌や上顎、唇など)のことを構音器官といいます。
ことばとは、この構音器官の動き・位置により作られていきます。

例えば、「ま」という音を発音するときには、唇は一度閉じてから再び開きます。これは、唇を閉じることで子音「m」を作っているのです。そのため、唇を閉じることなく「ま」を発音しようとしても「あ」と違った音になってしまいます。
また、「ら」という音を発音するときには、舌を勢いよく弾くことにより発音しています。そのため、舌を弾けないように口の外に出して発音しようとすると「ら」に近いですが歪んだ別の音になってしまいます。
このように、唇の動きや舌の動き・位置によりそれぞれのことばは作られています。

dannmenn

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 構音障害
-

執筆者:

関連記事

超皮質性感覚失語

超皮質性感覚失語とは 発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した …

脳神経とは

脳神経とは 脳神経とは、脳から出ている末梢神経のことで、頭部から顔面、頸部にかけての運動や感覚、自律神経を支配しています。ほとんどの中枢(神経核)は脳幹にあり、そこから左右12対の脳神経が発生していま …

ポリープ様声帯

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予 …

低酸素脳症とは

低酸素脳症とは 低酸素脳症とは、循環器や呼吸器の不全などにより、十分な酸素の供給ができなくなり脳に障害をきたした病態を言います。 低酸素脳症には、通常、組織への血流量の低下(虚血)と、血液の酸素運搬能 …

脳血管障害(脳卒中)とは

脳血管障害(脳卒中) 脳血管障害(CVA:cerebrovascular accident)とは、脳の血管系の異常によって起こる病態全てを意味することばです。脳血管障害は医学的な呼び名で、一般的には脳 …