構音の発達

構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。
子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ」は遅れて習得していきます。すべての音が正しく構音できるようになるのは、個人差がありますが、大体6,7頃になります。

子どもは正しい音が構音できるまでの間、自分のレパートリーの中から口の動きが近い音を代わりに構音します。また、音とことばの関係が未熟なため、単語を短く発音したり(みかん→かん)、音が入れ替わったり(エレベーター→エベレーター)、同じ音を使ったり(はっぱ→ぱっぱ)します。
この発達の途中に見られる音の誤りは、発達に問題がなければ、成長とともに徐々になくなっていき、自然に正しい音に習得されていきます。

構音の仕組み

ことばを発するのに用いられる器官(舌や上顎、唇など)のことを構音器官といいます。
ことばとは、この構音器官の動き・位置により作られていきます。

例えば、「ま」という音を発音するときには、唇は一度閉じてから再び開きます。これは、唇を閉じることで子音「m」を作っているのです。そのため、唇を閉じることなく「ま」を発音しようとしても「あ」と違った音になってしまいます。
また、「ら」という音を発音するときには、舌を勢いよく弾くことにより発音しています。そのため、舌を弾けないように口の外に出して発音しようとすると「ら」に近いですが歪んだ別の音になってしまいます。
このように、唇の動きや舌の動き・位置によりそれぞれのことばは作られています。

dannmenn

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
STナビ管理人。言語聴覚士。