STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

外リンパろう

投稿日:

ヒトの耳は、耳の穴から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空間の中耳、さらに奥にあるカタツムリのような形の内耳の3つの構造に分かれています。中耳と内耳の間には、前庭窓と蝸牛窓という2つの窓があり、このうちの前庭窓を通って内耳に音が届きます。そして、内耳に満たされている外リンパ液を振動させ、神経を経由して脳に伝わります。

外リンパろうとは、内耳に強い外力が生じて前庭窓破裂又は蝸牛窓破裂が起こり、中耳内に外リンパ液が漏れ出た状態をいいます。
重い物を持ち上げる、トイレでいきむ、海に潜る、頭部外傷、鼓膜外傷など、髄液圧や中耳圧が急激に上昇する場合に起こることがあります。

症状

急激に起こるぐるぐる回る回転性めまいと、めまいに伴って難聴,耳鳴りなどが生じます。めまいはだんだんと強くなる場合や、良くなったり悪くなったりを繰り返す場合があります。難聴は数日かけて進行することが多く、水の流れる音に似た耳鳴りが聞こえる人もいます。

突発性難聴やメニエール病などの症状と似ており、誤診されやすい病気です。また手術で外リンパ液の漏出を確認することが外リンパろうの確定診断であることから、術前の診断が難しい場合もあります。

原因

重い物を持ち上げる、トイレで力む、海に潜る、頭部外傷、鼓膜外傷など、髄液圧や中耳圧が急激に上昇する場合に起こります。

典型的なのは、鼻を強くかんだときに「ポン」という音が聞こえて難聴が発症する、という鼻かみ型外リンパろうです。この場合は、中耳内の圧力が急激に高まり、前庭窓や蝸牛窓に穴が開いてしまうと考えられています。鼻かみ以外にもくしゃみや咳、重い物を持ち上げる、トイレで力むなどの日常動作で起こります。

他にも、飛行機の離着陸やスキューバダイビングなどでの気圧の変化、交通事故や転倒による頭部外傷、平手打ちなどによる外傷性外リンパろうがあります。また、耳掃除中に耳かきで直接傷をつけてしまうケースもあります。

治療

安静

前庭窓や蝸牛窓に開いた穴は、安静を保てば自然に閉鎖する可能性があります。入院し、頭を少し高くした状態(30度挙上)で数日間様子をみます。入院安静で効果がない場合は、外科的治療を行います。

外科的治療

穴を閉鎖する外リンパろう閉鎖術を行います。リンパ液の漏れが停止すれば、めまいは急速に消失します。ただし、難聴や耳鳴りは改善しない場合も多いです。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-

執筆者:

関連記事

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

情報保障機器 聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音が聞こえない場合に光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振 …

前庭神経炎

風邪の症状から1~2週間して、突然まわりがぐるぐるまわるような激しい回転性めまいが起こる病気です。めまいのなかでも最も強い症状であり、立っていられないほどの発作が起こります。 この記事の投稿者 宮崎 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

聴性脳幹インプラントとは

脳に近い中枢に障害のある難聴の場合は、手術による治療は困難なうえ、人工内耳の適用にもならない経緯がありました。しかし、1979年にアメリカの脳神経外科医W.Hitselbergerによって、脳幹の蝸牛 …

感音性難聴の今の私の聴こえと健聴だった頃の聴こえを比較してみた

難聴は「目に映らない障害」と言われており、接しても気づかないことも少なくありません。そのことから誤解を受けたり、支障があったりと、生活上の不便さを訴える声も聞こえます。 そんな難聴者の現実を説明した投 …



サイト内検索