STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

外リンパろう

投稿日:

ヒトの耳は、耳の穴から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空間の中耳、さらに奥にあるカタツムリのような形の内耳の3つの構造に分かれています。中耳と内耳の間には、前庭窓と蝸牛窓という2つの窓があり、このうちの前庭窓を通って内耳に音が届きます。そして、内耳に満たされている外リンパ液を振動させ、神経を経由して脳に伝わります。

外リンパろうとは、内耳に強い外力が生じて前庭窓破裂又は蝸牛窓破裂が起こり、中耳内に外リンパ液が漏れ出た状態をいいます。
重い物を持ち上げる、トイレでいきむ、海に潜る、頭部外傷、鼓膜外傷など、髄液圧や中耳圧が急激に上昇する場合に起こることがあります。

症状

急激に起こるぐるぐる回る回転性めまいと、めまいに伴って難聴,耳鳴りなどが生じます。めまいはだんだんと強くなる場合や、良くなったり悪くなったりを繰り返す場合があります。難聴は数日かけて進行することが多く、水の流れる音に似た耳鳴りが聞こえる人もいます。

突発性難聴やメニエール病などの症状と似ており、誤診されやすい病気です。また手術で外リンパ液の漏出を確認することが外リンパろうの確定診断であることから、術前の診断が難しい場合もあります。

原因

重い物を持ち上げる、トイレで力む、海に潜る、頭部外傷、鼓膜外傷など、髄液圧や中耳圧が急激に上昇する場合に起こります。

典型的なのは、鼻を強くかんだときに「ポン」という音が聞こえて難聴が発症する、という鼻かみ型外リンパろうです。この場合は、中耳内の圧力が急激に高まり、前庭窓や蝸牛窓に穴が開いてしまうと考えられています。鼻かみ以外にもくしゃみや咳、重い物を持ち上げる、トイレで力むなどの日常動作で起こります。

他にも、飛行機の離着陸やスキューバダイビングなどでの気圧の変化、交通事故や転倒による頭部外傷、平手打ちなどによる外傷性外リンパろうがあります。また、耳掃除中に耳かきで直接傷をつけてしまうケースもあります。

治療

安静

前庭窓や蝸牛窓に開いた穴は、安静を保てば自然に閉鎖する可能性があります。入院し、頭を少し高くした状態(30度挙上)で数日間様子をみます。入院安静で効果がない場合は、外科的治療を行います。

外科的治療

穴を閉鎖する外リンパろう閉鎖術を行います。リンパ液の漏れが停止すれば、めまいは急速に消失します。ただし、難聴や耳鳴りは改善しない場合も多いです。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-

執筆者:

関連記事

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

残存聴力活用型人工内耳

残存聴力活用型人工内耳とは 人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残 …

椎骨脳底動脈循環不全症

椎骨脳底動脈とは、大動脈から分岐した椎骨動脈が脳底部で合流して1本の脳底動脈となり、脳、特に脳幹や小脳へ血液を送る血管です。この血管が何らかの理由で血流障害を起こすと、脳に十分な血液が行き渡らない虚血 …

聴覚障害まとめ

聴覚障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆 …

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …