STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

補聴器の寿命は?長く持たせるコツは?

投稿日:2017年9月18日 更新日:

補聴器も機械ですので長く使えば劣化していつかは壊れます。補聴器のおおよその寿命と長持ちさせる方法を説明します。

補聴器の寿命はどれくらい?

「高い買い物だから長く保たせたい」このような言葉をよく聞きます。高価なものなので当り前ですよね。

補聴器の寿命はおおよそ5年と言われています。補聴器は医療機器という扱いですが、あくまでも機械ですので、古くなれば劣化し、壊れてしまいます。また、乱暴な使い方をしていたり、メンテナンスを怠っていたりすると、寿命はその分短くなります。

日々のメンテナンスで寿命がのびる!

補聴器を使っている方のなかには5年以上、長いと10年以上同じ補聴器を使い続けている方もいます。

補聴器を長く使い続けるコツ、それは日頃から補聴器のメンテナンスを欠かさないことです。

繰り返しになりますが、補聴器は機械です。汗や汚れがついたままほおっておくとサビや故障の原因につながります。故障は寿命の短縮につながります。

日頃から乾燥ケースに入れて補聴器を休めたり、定期的に補聴器店で掃除をしたりとメンテナンスをすることが補聴器を長く使うのに大切です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マスクが聴覚障害者とのコミュニケーションの妨げになると知っていますか?

花粉症対策やインフルエンザ予防にマスクをする人が多くなるこの季節ですが、マスク1枚隔てるだけで聴覚障害者にとっては大幅にコミュニケーションが取りづらくなってしまうことを知っていますか? 聴覚障害者のな …

聴性脳幹インプラントとは

脳に近い中枢に障害のある難聴の場合は、手術による治療は困難なうえ、人工内耳の適用にもならない経緯がありました。しかし、1979年にアメリカの脳神経外科医W.Hitselbergerによって、脳幹の蝸牛 …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器とは

外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳かけ型は本体に全ての部品を配置 …

聴覚障害者のコミュニケーション方法

コミュニケーション方法の種類 聴覚障害者のコミュニケーション方法において代表的なものは4つあります。手話、筆談、読話、音声(補聴器・人工内耳)です。ここでは、それぞれのコミュニケーション方法について紹 …

電話お願い手帳を知っていますか?

携帯電話やスマートフォンが普及し、メール、SNSが手軽に行えるようになり電話をかける機会が少なくなりました。しかし、緊急時にはどうしても電話をしなければならないこともあります。耳が聞こえない方や言葉が …