STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

補聴器は両耳に装用して方が効果があるのか?

投稿日:

補聴器は利用するうえで、「両耳につけた方が良いのか?」という疑問をお持ちの方は多いと思います。耳は左右にあるのだから、単純に両耳につけた方が良いと思われがちですが、しかしそう単純なことではありません。

補聴器を両耳につけることにより良い面もあれば悪い面もあります。今回は補聴器を両耳につけることのメリットとデメリットを整理しました。

両耳装用のメリット

1.音の方向感

音の方向は、音源との距離や音の強弱で知覚しています。補聴器が片耳しかつけられていない場合は、すべての音を片耳で拾うために情報の整理ができませんが、両耳につけていると距離や音の強弱の差を判断できるため方向が分かることがあります。

2.騒音下での会話

騒音下や複数名での会話では、話し手の位置によって聞こえる方向が異なります。しっかりと聞き取るためには、話し手の声の方向を知覚することも重要です。

3.言葉の聞き取りが向上する

左右の聞き取りの力を活用しますので、片耳装用のときよりも言葉がしっかりと聞こえます。また、両耳に補聴器をすると、常に集中して音のする方向を探すこともなくなるため、自然に音を拾えて疲れにくくなります。

4.耳への負担が軽減される

両耳装用では片耳のみに補聴器をフィッティングするよりも左右それぞれの補聴器の音を小さめに設定出来ます。したがって、耳への負担が軽減されます。


画像引用:オーティコン

両耳装用のデメリット

1.金額が高い

補聴器はエントリークラスで10万円~。ミドルクラスでは20万~と高価な買い物です。両耳につけるとなると単純に価格は倍です。

使用しているうちに故障による修理費や寿命による買い替えなど、経済的にコストがかかります。補聴器は生活に必要なものですので、長く使うことも考えて購入を検討されたいと思います。

2.管理が手間

補聴器は日々のケア・メンテナンスが必要になります。両耳につけるとなるとその管理の手間も倍になります。ずさんな管理方法ですと、すぐに故障してしまうので、しっかりとご理解いただきたいと思います。

まずは試して

補聴器を両耳につけるかどうかを決める前に、まずは試してみることが大切です。試した結果、よく聞こえると感じる方もいれば必要ないと感じる方もいます。

あせらずにじっくり試し聞きをして納得のいく補聴器を見つけてください。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …

2017年、成人の人工内耳適応基準が改正されました

2017年(平成29年)に成人人工内耳適応基準が改正されました。 ここでは改正点を詳しく見ていきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法につ …

椎骨脳底動脈循環不全症

椎骨脳底動脈とは、大動脈から分岐した椎骨動脈が脳底部で合流して1本の脳底動脈となり、脳、特に脳幹や小脳へ血液を送る血管です。この血管が何らかの理由で血流障害を起こすと、脳に十分な血液が行き渡らない虚血 …

外リンパろう

ヒトの耳は、耳の穴から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空間の中耳、さらに奥にあるカタツムリのような形の内耳の3つの構造に分かれています。中耳と内耳の間には、前庭窓と蝸牛窓という2つの窓があり、このうちの前庭 …