STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

障害者総合支援法を利用して補聴器購入の助成を受ける方法

投稿日:

身体障害者手帳をお持ちの方は、補聴器を購入する際に購入費用の助成を受けることができます。どのような手続きが必要か、助成の流れをご説明します。

身体障害者手帳の利用とは

身体障害者手帳の聴覚障害の等級を取得している方は、障害者総合支援法の補装具費支給事務という制度に係わる福祉サービスを受けることができます。平たく言えば、補聴器を購入する際に購入費用の一部の助成を受けることができるサービスです。

助成額は身体障害者手帳の聴覚障害の等級や現在の障害の状況により異なります。この福祉サービスはお住いの市区町村役所の障害福祉担当課が窓口になります。
身体障害者手帳の取得について

補装具費支給申請の流れ

補聴器の購入費の助成申請(正式には補装具費支給申請と言います)は、以下の順で進みます。

1.市区町村役所へ補装具費支給申請

身体障害者手帳・印鑑をもってお住まいの市区町村役所の障害福祉担当課へ行き、「補装具費支給申請書」をもらいます。そのとき、病院の指定を受けます。

2.医療機関で補装具費支給診断書・意見書を記入してもらう

指定された病院を受診し、「補装具費支給診断書・意見書」を書いてもらいます。
なお、検査料、診断書料がかかる場合はご本人のご負担になります。

3.補聴器販売店で見積書をもらう

「補装具費支給申請書」を持って補聴器販売店に行き、希望する補聴器の見積書を作ってもらいます。

4.市区町村役場に書類の提出

「補装具費支給申請書」、「補装具費支給診断書・意見書」、「補聴器の見積書」が揃ったら、市区町村役場に提出します。

5.判定

市区町村役所は都道府県身体障害者更生相談所に必要書類を転送し、補聴器の必要性や助成額等を含めた判定を依頼します。

判定結果は書類等で通知されます。判定が認められれば「補装具費支給券」が交付されます。

6.補聴器の購入

「補装具費支給券」をもって補聴器販売店へ行きます。「補装具費支給券」と自己負担金を支払い、補聴器を購入します。

※ 上記の流れは、あくまで一例です。

※ 自己負担額は原則1割です。ただし、所得状況によっては例外もあります。

※ 判定前に購入した補聴器の費用については助成の対象になりません。ご注意ください。

福祉法対応補聴器の基準表

補聴器購入費用の助成の額は厚生労働省の通知により決まっています。(参考:補装具費支給事務取扱指針

以下に補聴器の基準額を抜粋しましたので、参考にしてください。

名称 基本構造 価格
高度難聴用ポケット型 JIS-C-5512-2000による90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル未満のもの。
90デシベル最大出力音圧のピーク値が125デシベル以上に及ぶ場合は出力制限装置を付けること。
34,200円
高度難聴用耳かけ型 43,900円
重度難聴用ポケット型 90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル以上のもの。
その他は高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
55,800円
重度難聴用耳かけ型 67,300円
耳あな形(レディメイド) 高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
だだし、オーダーメイドの出力制限装置は内蔵型を含むこと。
87,000円
耳あな形(オーダーメイド) 137,000円
骨導式ポケット型 IEC Pub 118-9(1985)による90デシベル最大フォースレベルの表示値が110デシベル以上のもの。 70,100円
骨導式眼鏡型 120,000円

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

補聴器の寿命は?長く持たせるコツは?

補聴器も機械ですので長く使えば劣化していつかは壊れます。補聴器のおおよその寿命と長持ちさせる方法を説明します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション …

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

耳あな型?耳かけ型?補聴器の種類と選び方を説明

補聴器はポケット型や耳かけ型、耳あな型など様々な形状があり、また、機種ごとに聞こえ具合も違ってきます。ここでは、多くの種類の中からご自分に合う補聴器を探すコツをご説明します。 形状から選ぶ 補聴器は、 …

突発性難聴

健康で耳の病気を経験したことのない人が、ある日突然発症する難聴です。多くは一側性(片方の耳)であり、繰り返すことはありませんが、治療せずに放置してしまうと高度の難聴が残ってしまいます。男女差はなく、一 …

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

情報保障機器 聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音が聞こえない場合に光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振 …