STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

赤ちゃん用ベビー型補聴器

投稿日:

ベビー型補聴器とは

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。

baby

※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例

ベビー型補聴器を使用する理由

なぜ通常の補聴器ではいけないかというと、乳幼児の赤ちゃんはまだ耳介が軟らかくてしっかりしていないため、一般的な耳かけ型補聴器を支えることが難しいからです。また、耳あな型補聴器は、体の成長のたびに作り直すことになってしまうため、コストがかかりすぎてしまいます。そして、ポケット型補聴器は乳幼児には大きすぎると様々な問題があります。そこでベビー型補聴器の使用を検討することになります。

使い方

ベビー型補聴器とは、耳かけ型補聴器を改造してイヤホンコードを接続し、本体は肩の後ろに着け、イヤホンで音を聞くようにした補聴器です。
ハイハイ期の赤ちゃんでも体への負担が少なく、また、コードで接続しているため寝ているときやハイハイのとき、外出時など着ける場所を変えられてとても便利です。そして、独り歩きできるような年齢になったら、耳かけ型に戻して使うことができるので、無駄になりません。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

脳・神経に関する記事まとめ

脳や神経に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆 …

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

中耳の疾患

中耳とは 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官を中耳と呼びます。 中耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご …

加齢に伴う声帯萎縮

加齢により声帯の筋肉が委縮した状態です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 …

失語症会話パートナー・失語症友の会

失語症者の会話パートナーと友の会について説明します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ