STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

投稿日:2015年12月13日 更新日:

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。

ベビー型補聴器を使用する理由

baby

※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例

なぜ通常の補聴器ではいけないかというと、乳幼児の赤ちゃんはまだ耳介が軟らかくてしっかりしていないため、一般的な耳かけ型補聴器を支えることが難しいからです。また、耳あな型補聴器は、体の成長のたびに作り直すことになってしまうため、コストがかかりすぎてしまいます。そして、ポケット型補聴器は乳幼児には大きすぎると様々な問題があります。そこでベビー型補聴器の使用を検討することになります。

使い方

ベビー型補聴器とは、耳かけ型補聴器を改造してイヤホンコードを接続し、本体は肩の後ろに着け、イヤホンで音を聞くようにした補聴器です。
ハイハイ期の赤ちゃんでも体への負担が少なく、また、コードで接続しているため寝ているときやハイハイのとき、外出時など着ける場所を変えられてとても便利です。そして、独り歩きできるような年齢になったら、耳かけ型に戻して使うことができるので、無駄になりません。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-, ,

執筆者:

関連記事

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

手話マーク・筆談マーク

一般財団法人 全日本ろうあ連盟が公共施設の窓口などで手話や筆談に対応できることを知らせる目的で「手話マーク」と「筆談マーク」を作成しました。 マークについては全日本ろうあ連盟のホームページから無償ダウ …

脳血管障害(脳卒中)とは

脳血管障害(脳卒中) 脳血管障害(CVA:cerebrovascular accident)とは、脳の血管系の異常によって起こる病態全てを意味することばです。脳血管障害は医学的な呼び名で、一般的には脳 …

学習障害

学習障害(Learning Disabilities:LD)とは、日本では、文部省の平成11年「学習障害児に対する指導について(報告)」により以下のように定義さています。 「基本的には全般的な知的発達 …

伝導失語

伝導失語 発話は流暢で抑揚や構音は正常ですが、音の誤りが多いことが特徴です。誤り音に対しては、自己修正を繰り返しながら正しい音に近づこうとする様子が見られますが、自己修正を繰り返すために、発話に間が多 …



サイト内検索