STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

投稿日:2015年12月13日 更新日:

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。

ベビー型補聴器を使用する理由

baby

※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例

なぜ通常の補聴器ではいけないかというと、乳幼児の赤ちゃんはまだ耳介が軟らかくてしっかりしていないため、一般的な耳かけ型補聴器を支えることが難しいからです。また、耳あな型補聴器は、体の成長のたびに作り直すことになってしまうため、コストがかかりすぎてしまいます。そして、ポケット型補聴器は乳幼児には大きすぎると様々な問題があります。そこでベビー型補聴器の使用を検討することになります。

使い方

ベビー型補聴器とは、耳かけ型補聴器を改造してイヤホンコードを接続し、本体は肩の後ろに着け、イヤホンで音を聞くようにした補聴器です。
ハイハイ期の赤ちゃんでも体への負担が少なく、また、コードで接続しているため寝ているときやハイハイのとき、外出時など着ける場所を変えられてとても便利です。そして、独り歩きできるような年齢になったら、耳かけ型に戻して使うことができるので、無駄になりません。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-, ,

執筆者:

関連記事

FM補聴システム

FM補聴システムとは FM補聴システムとは、FM電波(169MHz帯)を使用して離れた場所にいる人の声を補聴器に直接届ける機器のことです。 機器は、話し手がもつFM送信機(マイク)と補聴器に接続するF …

聴覚過敏マークがネットで広まっています!

株式会社石井マークさんが作成した「聴覚過敏マーク」がTwitterで話題を呼び、ネットでどんどん広まっています。 聴覚過敏とは、何でもない音が大きく聴こえる、耳に響くなど、聴こえ方に障害が起こり、音が …

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

失語症者の職場復帰に向けて

職場の理解と協力 失語症のある方が職場復帰するには、職場の理解と協力が欠かせません。職場復帰に向けて3つの視点からみてみようと思います。 症状の正しい理解 失語症は知的能力や物事を考える力の低下ではな …

4月2日は世界自閉症啓発デー

毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」です。世界中のランドマークがテーマカラーのブルーに染まり、自閉症を知ってもらうた …



サイト内検索