STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

残存聴力活用型人工内耳

投稿日:

残存聴力活用型人工内耳とは

人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残っているが、高音域は重度難聴レベルの高音急墜型難聴者や高音漸傾型難聴者にも人工内耳手術が行えるようになりました。

この高音急墜型難聴者や高音漸傾型難聴者に適用されるのが、低音部は補聴器、高音部は人工内耳という1台で2つの役割の果たすハイブリット人工内耳とも呼ばれる残存聴力活用型人工内耳(EAS:electric acoustic stimulation)です。

仕組み

残存聴力活用型人工内耳の体内装置(手術で埋め込む装置)は、これまでの体内装置と比べて電極が細く柔らかいため、侵襲の少ない手術方法で埋め込むことにより低音の聴力をある程度温存することができます。また、体外に付けるスピーチプロセッサーは、補聴器の代わりとなる音響刺激と従来の人工内耳が行っていた電気刺激を同時に行うことができます。これにより、これまで補聴器を用いても言葉の聞き取りがうまくいかないにも関わらず、低音域に聴力が残っていたため人工内耳手術の対象とならなかった方でも、1台の機械で、低音域は音響刺激を用い、高音域は電気刺激を用いて言葉を聞き取ることができるようになりました。

eas1

手術の条件

手術の対象者は、両耳とも以下の条件を満たす感音難聴患者となっています。

1)純音聴力検査
・125Hz、250Hz、500Hzの純音聴力閾値が65dB以内
・2000Hzの純音聴力閾値が80dB以上
・4000Hz、8000Hzの純音聴力閾値が85dB以上
※ ただし、上記のうち1箇所が10dB以内の幅で外れる場合には対象とする。
2)補聴器装用下において静寂下での語音弁別能が65dBSPLで60%未満であること。

eas2

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。 …

脳性まひ

脳性麻痺とは、脳の損傷によって起こる中枢性の姿勢・運動の障害であり、原因や症状が重なりあい、ひとつの症候群模様を示します。 定義 日本では、「受胎から新生児(生後4週以内)までの間に生じた、脳の非進行 …

耳あな型?耳かけ型?補聴器の種類と選び方を説明

補聴器はポケット型や耳かけ型、耳あな型など様々な形状があり、また、機種ごとに聞こえ具合も違ってきます。ここでは、多くの種類の中からご自分に合う補聴器を探すコツをご説明します。 形状から選ぶ 補聴器は、 …

超皮質性混合失語

超皮質性混合失語とは 発話は非流暢で、自分からはほとんど話しません。しかし、質問するとそれをそのまま、あるいは一部を繰り返す反響言語(オウム返し)や文章の残りの部分を続ける補完現象がみられます。復唱は …