STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

残存聴力活用型人工内耳

投稿日:

残存聴力活用型人工内耳とは

人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残っているが、高音域は重度難聴レベルの高音急墜型難聴者や高音漸傾型難聴者にも人工内耳手術が行えるようになりました。

この高音急墜型難聴者や高音漸傾型難聴者に適用されるのが、低音部は補聴器、高音部は人工内耳という1台で2つの役割の果たすハイブリット人工内耳とも呼ばれる残存聴力活用型人工内耳(EAS:electric acoustic stimulation)です。

仕組み

残存聴力活用型人工内耳の体内装置(手術で埋め込む装置)は、これまでの体内装置と比べて電極が細く柔らかいため、侵襲の少ない手術方法で埋め込むことにより低音の聴力をある程度温存することができます。また、体外に付けるスピーチプロセッサーは、補聴器の代わりとなる音響刺激と従来の人工内耳が行っていた電気刺激を同時に行うことができます。これにより、これまで補聴器を用いても言葉の聞き取りがうまくいかないにも関わらず、低音域に聴力が残っていたため人工内耳手術の対象とならなかった方でも、1台の機械で、低音域は音響刺激を用い、高音域は電気刺激を用いて言葉を聞き取ることができるようになりました。

eas1

手術の条件

手術の対象者は、両耳とも以下の条件を満たす感音難聴患者となっています。

1)純音聴力検査
・125Hz、250Hz、500Hzの純音聴力閾値が65dB以内
・2000Hzの純音聴力閾値が80dB以上
・4000Hz、8000Hzの純音聴力閾値が85dB以上
※ ただし、上記のうち1箇所が10dB以内の幅で外れる場合には対象とする。
2)補聴器装用下において静寂下での語音弁別能が65dBSPLで60%未満であること。

eas2

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

難聴による身体障害者手帳の取得について

身体上の障害が認定された方に対して交付される手帳であり、手帳を所持していることで各種福祉サービスを受けることができます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニ …

声帯嚢胞(せいたいのうほう)

声帯に袋状の良性の腫瘍が生じた状態です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 …

4月2日は世界自閉症啓発デー

毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」です。世界中のランドマークがテーマカラーのブルーに染まり、自閉症を知ってもらうた …

聴覚障害者に関するマーク一覧

「聞こえない」「聞こえにくい」といった聴覚に障害をもつ方は、障害そのものが分かりにくいために誤解を受けたり、不利益を被ったり、危険にさらされたりといった社会生活上の不安は数知れずあります。そこで聞こえ …

補聴器の福祉制度の利用

総合支援法による補装具費支給制度 障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。 聴覚障害の等級や障害の状況により支 …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。