STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

FM補聴システム

投稿日:2015年12月13日 更新日:

FM補聴システムとは

FM補聴システムとは、FM電波(169MHz帯)を使用して離れた場所にいる人の声を補聴器に直接届ける機器のことです。
機器は、話し手がもつFM送信機(マイク)と補聴器に接続するFM受信機のセットで使用します。FM補聴システムは、補聴器だけでなく人工内耳にも使用できます。

fm1

fm2

FM送信機

いわゆるマイクです。手に持って使ったり、ピンマイクを繋いだり、卓上に設置したりと、様々な用途により使い分けをします。

fm4

FM受信機

補聴器や人工内耳に接続して使用する機器です。補聴器のメーカーとFMのメーカーが別々でも動作可能です。

fm5

使用場面

学校での使用

FM補聴システムは、特に学校での先生の授業の聞き取りに大変有効です。授業中は先生との距離が遠くなってしまうため、補聴器では音を拾うことに限界があります。また、クラスメイトの話し声やノートを取る音、ページをめくる音など、様々な音が入り、先生の声が聞き取りにくくなります。FM補聴システムを使用することで先生の声を直接聞くことができ、授業に集中することができます。

幼稚園から大学まで、FM補聴システムは有効に使用できます。

fm6

職場での使用

大人の方の場合でも、会議やプレゼン、講演会などビジネスの場で役立ちます。会議では発言者間でマイクを回してもらうといった多少の配慮は必要ですが、やはり多人数が参加する場では周囲の会話と混じってしまい聞き取りが難しい場合があります。また、プレゼンや講演会では、話者との距離が空いてしまうので、補聴器の音を拾えない場合もあります。

ビジネスの場でもFM補聴システムを有効に活用することで、円滑に仕事を進めることができます。

fm7

福祉制度の利用

FM補聴システムは、障害者総合支援法による補装具費支給制度の対象です。身体障害者手帳の聴覚障害等級を取得されている方はFM補聴システム購入に際して助成金の申請ができます。詳しくはお住まいの市区町村障害福祉担当課にお問い合わせください。

こちらのページも併せてご覧ください。
補聴器の福祉制度の利用

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

摂食障害(拒食症と過食症)

摂食障害(拒食症と過食症) 神経性食欲不振症(拒食症)、神経性過食欲症(過食症)、特定不能の摂食障害は、食行動の異常に基づく原因不明の難治性の疾患です。 神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症と …

聴覚障害まとめ

聴覚障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆 …

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …

聴性脳幹インプラントとは

脳に近い中枢に障害のある難聴の場合は、手術による治療は困難なうえ、人工内耳の適用にもならない経緯がありました。しかし、1979年にアメリカの脳神経外科医W.Hitselbergerによって、脳幹の蝸牛 …

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイン …