STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

FM補聴システム

投稿日:2015年12月13日 更新日:

FM補聴システムとは

FM補聴システムとは、FM電波(169MHz帯)を使用して離れた場所にいる人の声を補聴器に直接届ける機器のことです。
機器は、話し手がもつFM送信機(マイク)と補聴器に接続するFM受信機のセットで使用します。FM補聴システムは、補聴器だけでなく人工内耳にも使用できます。

fm1

fm2

FM送信機

いわゆるマイクです。手に持って使ったり、ピンマイクを繋いだり、卓上に設置したりと、様々な用途により使い分けをします。

fm4

FM受信機

補聴器や人工内耳に接続して使用する機器です。補聴器のメーカーとFMのメーカーが別々でも動作可能です。

fm5

使用場面

学校での使用

FM補聴システムは、特に学校での先生の授業の聞き取りに大変有効です。授業中は先生との距離が遠くなってしまうため、補聴器では音を拾うことに限界があります。また、クラスメイトの話し声やノートを取る音、ページをめくる音など、様々な音が入り、先生の声が聞き取りにくくなります。FM補聴システムを使用することで先生の声を直接聞くことができ、授業に集中することができます。

幼稚園から大学まで、FM補聴システムは有効に使用できます。

fm6

職場での使用

大人の方の場合でも、会議やプレゼン、講演会などビジネスの場で役立ちます。会議では発言者間でマイクを回してもらうといった多少の配慮は必要ですが、やはり多人数が参加する場では周囲の会話と混じってしまい聞き取りが難しい場合があります。また、プレゼンや講演会では、話者との距離が空いてしまうので、補聴器の音を拾えない場合もあります。

ビジネスの場でもFM補聴システムを有効に活用することで、円滑に仕事を進めることができます。

fm7

福祉制度の利用

FM補聴システムは、障害者総合支援法による補装具費支給制度の対象です。身体障害者手帳の聴覚障害等級を取得されている方はFM補聴システム購入に際して助成金の申請ができます。詳しくはお住まいの市区町村障害福祉担当課にお問い合わせください。

こちらのページも併せてご覧ください。
補聴器の福祉制度の利用

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

手話マーク・筆談マーク

一般財団法人 全日本ろうあ連盟が公共施設の窓口などで手話や筆談に対応できることを知らせる目的で「手話マーク」と「筆談マーク」を作成しました。 マークについては全日本ろうあ連盟のホームページから無償ダウ …

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、起き上がる、姿勢を変えるなど頭の動きを伴う動作をきっかけに突然起こる回転性めまいです。症状は1分ほどで治まりますが、ときに嘔吐を伴う程のぐるぐると回転する強い感覚 …

喉頭炎

喉頭粘膜の炎症性症状です。風邪の症状として現れることが多い疾患です。鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、咽頭炎などを合併することもあります。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器や …

喉頭乳頭腫

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。 また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に …

残存聴力活用型人工内耳

残存聴力活用型人工内耳とは 人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残 …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ