外耳とは

耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。
外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。

※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。

耳介奇形

生まれつきの耳介の形成不全です。耳介が全くない耳介欠損から通常よりも耳介が小さい小耳症など、奇形の程度は様々です。

外耳道閉鎖症や中耳奇形を合併することがあり、鑑別検査が必要になります。

治療としては、奇形の程度に応じて耳介形成術を行います。手術時期は、耳介の大きさがほぼ成人の大きさとなる7歳以降に行われます。

外耳道閉鎖症

生まれつき耳の穴がない先天性のものと外傷や炎症による後天性のものがあります。

主な症状は外耳道の閉鎖による伝音性難聴です。また、先天性の場合、耳介奇形や中耳奇形を合併することがあるため、鑑別検査が必要になります。

治療としては、補聴器による音情報の確保となります。先天性の場合は特に言語発達の面から早期に補聴器による療育が必要となります。

補聴器は骨導補聴器や側頭骨に埋め込むBAHA等、骨伝導を利用する場合と外耳道形成術後に通常の補聴器を使用する場合があります。

先天性の場合、耳介奇形を伴っている場合が多いため、耳介形成術の時期(7歳以降)に合わせて外耳道形成術を行います。

外耳炎

感染による外耳道の炎症です。耳痛や耳漏等の症状が見られます。

治療は、抗生物質の投与です。

帯状疱疹

帯状疱疹ウイルスによる感染症です。主な症状は耳介、外耳道に紅斑、水疱性皮疹が見られ、顔面神経麻痺が現れます。内耳神経も障害されると感音性難聴や平衡障害も現れます。

治療は抗ウイルス剤の投与です

耳垢栓塞

外耳道内の古くなった皮膚が耳垢や皮脂と一緒になって固まり、外耳道を閉鎖してしまうものです。主な症状は外耳道が閉鎖されることにより起こる伝音性難聴です。

治療は、耳垢の除去です。固くなりすぎている場合は、薬剤で軟らかくしてから除去します。

外耳湿疹

外耳道皮膚の湿疹病変です。アレルギーなどの体質的要因や中耳炎の耳漏、痒みのために外耳道を頻回に触るといった物理的刺激が原因で起こります。

治療は、患部の清掃とステロイド軟こうの塗布です。痒みがあるため、何度も触りなかなか治癒しないことが少なくありません

外耳道異物混入

外耳道に異物が混入してしまった状態です。小児では意図的に異物を挿入する事例が多く、成人の場合は昆虫が外耳道内に侵入してしまう事例が多いです。

主な症状として、伝音性難聴と耳痛、異物感です。昆虫が侵入した場合は、昆虫の動きにより耳痛が生じます。