STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

骨導補聴器

投稿日:

骨導とは

私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に音の振動を当てることで直接、内耳に音を響かせて聴神経につなげる経路があります。それが骨導聴力です。

つまり、音を聞く経路には、耳から聞く「気導」と骨で聞く「骨導」があります。

※ 詳しくは聴力検査についてをご覧ください。

骨導補聴器の種類

骨導補聴器には、大きく分けてメガネ型、ヘッドバンド型(カチューシャ型)の2つの種類があります。

メガネ型

メガネのツルの部分が補聴器になっており、ツルの骨導端子を耳の後ろの骨(乳突部)に当てて使用します。

megane1

megane2

ヘッドバンド型(カチューシャ型)

ヘッドバンドの先端に骨導端子が接続されており、骨導端子を耳の後ろの骨(乳突部)に当てて使用します。

ヘッドバンドと骨導端子が一体型のもの、耳かけ型やポケット型を改造して使用するものがあります。

headband

対象者

骨導補聴器の有効な方は、基本的には伝音性難聴者の方になります。

なぜ伝音性難聴者かというと、伝音性難聴の場合は、外耳や中耳の音を伝える経路に問題がありますが、その奥にある内耳や聴神経は正常に機能しています。そのため、骨を経由して内耳で直接音を聞く骨導補聴器を使うと、問題のある外耳や中耳を挟まずに正常な内耳で音を聞けるため、大変補聴器の効果が高いです。

特に、通常の補聴器を扱うことが難しい小耳症、外耳道閉鎖症、耳漏が著しい方などに適している補聴器です。

※ 伝音性難聴者は音を伝える経路に問題があるため、大きな音を入れるとはっきり聞こえるようになります。なので、通常の補聴器でも高い効果が得られます。骨導補聴器は振動を伝える頭蓋骨の場所の固定が難しく、補聴器自体の選択肢も少ないため、通常の補聴器を使用できる場合は、そちらを勧めます。

骨導補聴器のメリット・デメリット

骨導式のメリット

  • 耳の穴を塞がないため違和感が少なく、自分の声がこもったりしない。
  • 中耳炎などの耳の治療中でも装用が可能。
  • 外耳道閉鎖症、小耳症など、通常の補聴器が使用できない方でも使用できる。

骨導式のデメリット

  • 種類が少なく、デザインにも限りがある。
  • 骨導端子を骨に圧着させるため、圧迫感がある。
  • 常に骨導端子が振動しているため、炎症を起こす可能性がある。
  • 両耳に装用してもあまりメリットがない。
  • 価格が高い。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

前庭神経炎

風邪の症状から1~2週間して、突然まわりがぐるぐるまわるような激しい回転性めまいが起こる病気です。めまいのなかでも最も強い症状であり、立っていられないほどの発作が起こります。 この記事の投稿者 宮崎 …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器

外耳道レシーバー耳かけ型とは 外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳 …

器質性構音障害

器質性構音障害とは 言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。 原因 器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なもの …

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、ま …

ポリープ様声帯

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予 …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。