中耳とは

鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官を中耳と呼びます。
中耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。

※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。

鼓膜穿孔

外傷により鼓膜が穿孔(やぶれた)した状態です。外傷には直達外力と介達外力の2種類があります。

直達外力とは、鼓膜を物理的に外力で穿孔してしまったことで、原因としては耳かきによる事故が最も多いです。耳かき中に子どもとぶつかった、転んでしまった、耳かきしたまま寝てしまい寝返りを打った等、事故は様々ですが、耳かきをする場合は注意が必要です。

介達外力とは、鼓膜に物理的な外力が及んでいないが穿孔してしまったことで、原因としては、潜水や飛行機の離着陸などの大きな気圧の変化、平手打ちによる耳の殴打が多くあります。潜水や飛行機の離着陸では、耳抜きやつばを飲み込むなどの対処法で中耳腔内の気圧の変化を調整し、鼓膜に圧力がかかることを防ぎます。

主な症状は、耳痛、伝音性難聴、耳閉感です。穿孔後、感染を起こすと耳漏が見られます。
治療は、外耳道内の清掃と衛生指導です。鼓膜穿孔は自然治癒することが多く、経過観察だけの場合もあります。

急性中耳炎

細菌感染による中耳の急性炎症です。上気道感染(かぜ症状)に引き続いてあるいは伴って発症します。上気道感染の多い冬の時期に発症することが多くあります。特に生後6カ月から6歳の児童がかかりやすく、親の注意が必要です。

感染以外の急性中耳炎として、飛行機の離着陸時に気圧の変化に中耳腔が対応できないために起こる中耳の圧外傷(航空性中耳炎)もあります。

主な症状は、かぜ症状が治まった後の拍動性の耳痛、難聴です。耳漏や発熱を生じることもあります。乳幼児では、耳痛を訴えることが難しいため、機嫌が悪い、耳に手を当てる、発熱などの症状がある場合は、急性中耳炎を疑うことが必要です。

耳痛は歯や喉などの耳周辺へと放散する疼痛としても自覚します。

難聴は伝音性難聴ですが、ときに炎症が内耳まで進展し、混合性難聴をきたす場合もあります。

治療は、耳漏の吸引・除去、抗生物質の投与になります。疼痛が強いときには鎮痛剤を投与します。全身状態が良好であれば、入浴は控えることはありませんが、外耳道内に水が入らないように注意します。また、自宅安静は必要ありませんが、運動は控えます。

圧外傷による中耳炎では、症状は自然に軽快するため抗生物質の投与は不要です。飛行機の離着陸時に症状が頻発する場合は、飛行機利用前に、あらかじめ耳管機能が良好に働く点鼻剤を利用するようにします。

滲出性中耳炎

鼓膜に穿孔がなく、中耳に貯留液(滲出液)があるが耳痛や発熱といった急性感染症状のない中耳炎をさします。

滲出性中耳炎の原因は多彩で、耳管機能不全、中耳粘膜の変化、中耳腔内の細胞・炎症細胞などが関与しています。中耳が細菌により炎症を起こすと、中耳腔の内部から炎症性の水が滲み出てきます。これが貯留液(滲出液)といわれるものです。通常は耳管の働きにより、貯留液は排出されますが、耳管の機能が悪いと中耳腔内に貯留液がたまっていき、滲出性中耳炎となります。
耳管機能不全が起こる経緯としては、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、急性咽喉頭炎、かぜ症状、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大、上咽頭腫瘍、口蓋裂など多くの原因があります。また、頻回な鼻すすりでも滲出性中耳炎が発症する場合もあります。

滲出性中耳炎の発症年齢のピークは2回あり、ひとつは4歳~8歳の児童、もうひとつは高齢者です。児童の場合、急性中耳炎に引き続いて発症することが多く、急性中耳炎を発症した子どもの3分の1は滲出性中耳炎も発症しています。

主な症状は、耳閉感、難聴、耳鳴り、自声強調です。しかし、小児では自覚症状がない場合があります。子どもから訴えはないが、テレビの音を大きくする、呼んでも返事しない、保育園や幼稚園の先生が反応がおかしいと言った、などといったことで発見されます。したがって、小児では日常の行動からおかしな点(反応が遅いなど)を周囲が気づくことが大事です。

治療には、保存的治療と手術的治療の2つがあります。

保存的治療は、抗生物質や消炎剤などの投与、耳管通気、原因となっている鼻咽頭疾患の治療です。急性中耳炎やかぜ症状に続く滲出性中耳炎の多くは投薬のみで治癒していきます。

保存的治療でも改善しない場合は、手術的治療を行います。手術的治療には、鼓膜切開、鼓膜チューブ留置、アデノイド切除術があります。

慢性中耳炎

中耳の感染が持続し、中耳の各組織に慢性炎症性変化が生じた状態をさします。通常は急性中耳炎の反復により生じ、鼓膜穿孔や反復性の耳漏が見られます。

主な症状は、耳漏、伝音性難聴、急性増悪時の耳痛です。耳漏は一般的には粘着性ですが、血性で悪臭がするときには、真珠腫性中耳炎や中耳悪性腫瘍の可能性も疑います。難聴は、鼓膜穿孔の大きさ、鼓膜や耳小骨の変化の程度により変わってきます。

治療は、保存的治療と手術的治療があります。

保存的治療では、耳漏を停止させることが主目的になります。耳漏の除去や生理的食塩水などを用いての外耳道の洗浄、点耳薬の投与を行います。

手術的治療では、病変の除去、鼓膜穿孔の閉鎖、耳小骨を行っていきます。病変の程度により行う手術が選択されますが、病変が高度で中耳の再建が困難なときなどは中耳の伝音器官を除去するため、中等度の伝音性難聴となる場合があります。

真珠腫性中耳炎

慢性中耳炎の範疇に含まれる疾患ですが、慢性中耳炎の中では重篤な病変であるため、ひとつの疾患として説明します。また、真珠腫性中耳炎には先天性と後天性があります。

先天性の真珠腫性中耳炎は、鼓膜は正常で中耳に孤立して真珠腫が存在します。胎児の発達の過程で出現すると報告されており、中耳内の角化扁平上皮に由来する先天奇形です。

後天性の真珠腫性中耳炎は、中耳腔の陰圧と炎症により起こると考えられています。

主な症状は、慢性中耳炎と同じく、耳漏、伝音性難聴、耳痛です。感染のない真珠腫性中耳炎の場合は、耳漏は多くなく、耳漏に気づかない患者もいます。しかし、感染を伴うと悪臭を放ち、ときに血性の耳漏が出現します。

難聴の程度は、正常から高度まで様々です。真珠腫の初期段階では鼓膜の変化のみで聴力は正常範囲に留まります。しかし、真珠腫が進行するするにつれ、難聴の程度は進んでいきます。他の症状がなく、難聴のみ進行することもあり、患者本人に耳症状の自覚がない場合もあります。

また、真珠腫性中耳炎では、高率で耳小骨や中耳腔の周辺の骨破壊が生じていきます。骨破壊が難聴が高度に進行する原因になります。また、感染症を合併すると骨破壊が急速に進行します。

治療は、慢性中耳炎と同じく、保存的治療と手術的治療があります。
保存的治療は、病変の進行がないときに選択されます。定期的な耳内の清掃と経過観察、耳漏があるときには耳内の洗浄、点耳薬の投与、抗生物質の投与になります。
手術的治療は、病変の除去です。真珠腫性中耳炎の多くは手術の適応になります。また、再発の恐れもあるため、手術後も慎重な経過観察が必要になります。

手術の特徴については慢性中耳炎の説明と同様になります。

耳硬化症

耳小骨の最深部にあり、内耳に音を伝える器官であるアブミ骨が固着し、動きが悪くなる疾患です。
耳硬化症は遺伝的要因があり、家族間で発症することがあります。また、ウイルス(麻疹)が原因であるとも言われています。

主な症状は、両側の進行性難聴と耳鳴りです。耳硬化症は伝音性難聴を呈しますが、病変が進行し、内耳まで到達すると混合性難聴を呈していきます。

発症は30歳代が最も多く、東洋人より白人に生じやすいとされています。また、男女差があり、女性に多く、妊娠、出産により難聴が増悪しやすい特徴があります。

周囲が騒がしいとかえって良く聞こえるというウイリス錯聴という現象が生じることもあります。

治療は、手術により正常な聴力を獲得できる代表的な疾患であるため、基本的には手術を選択します。

中耳奇形

中耳の先天性の形成不全です。耳介や外耳道、あるいは、顎や顔面と合併することが多くあります。原因としては、遺伝的要因によるものと妊娠中の母親の風疹などの感染によるものがあります。

中耳奇形のみであれば、症状は難聴のみとなります。また、一側のみ奇形のこともあり、反対耳が正常で本人は難聴の自覚がなく、親も気づかず、学校健診などで発見されることがあります。

中耳奇形のみであれば、手術により高率で聴力の改善が期待できます。

耳管狭窄症

耳管の機能障害により、中耳の換気と排泄が障害された病態です。

かぜ症状や副鼻腔炎などの上咽頭・鼻・服鼻腔疾患により、耳管と咽頭をつなぐ入口が炎症を起こすことにより発症します。また、アデノイド肥大や上咽頭腫瘍などにより耳管が圧迫されて発症することもあります。炎症などの場合は、子どもに見られることが多くあります。

さらに、潜在的に耳管機能の働きが悪い場合、山登りや飛行機の離着陸などの気圧の変化で一時的に耳管狭窄症が出現することもあります。

主な症状は、耳閉感、自声強調(自分の声が強く響いて聞こえる)、伝音性難聴、低音性耳鳴りです。

治療は、耳管機能障害の原因となっている疾患の治療と耳管通気です。

耳管開放症

耳管が常に開放されている状態となっている疾患です。急激な体重の減少による耳管周囲組織の委縮により起こります。

主な症状は、耳管狭窄症と同じく、耳閉感、自声強調です。他には、自分の声が耳の中に抜けて聞こえるといった訴えや、立位では症状があるが、頭を下げれば症状が消えるといった訴えもあります。

治療は、耳管狭窄症と同じく、耳管機能障害の原因となっている疾患の治療と耳管通気です。