STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

手話マーク・筆談マーク

投稿日:

一般財団法人 全日本ろうあ連盟が公共施設の窓口などで手話や筆談に対応できることを知らせる目的で「手話マーク」と「筆談マーク」を作成しました。

マークについては全日本ろうあ連盟のホームページから無償ダウンロードすることができるようです。

一般財団法人 全日本ろうあ連盟

マークの意味

手話マーク

国外への普及も考え、5本指で「手話」を表す形を採用し、輪っかで手の動きを表現。
【意味】「手話で対応します」「手話でコミュニケーションできる人がいます」

筆談マーク

手に鉛筆を持ち、紙に書き込むようなデザインで、相互に紙によるコミュニケーションができることを表現。
【意味】「筆談で対応します」

※マークが社会で認知されるまでは、表示の際にマークに意味の説明(例:「手話で対応します」「手話通訳者がいます」/「筆談で対応します」「要約筆記者がいます」)を併記することを推奨しています。

手話マーク・筆談マークの用途

  • 役所、公共及び民間施設・公共交通機関の窓口などでの提示。
  • イベント等の会場で手話ができる案内係がネームプレートで携帯。
  • 聴覚障害者自身がコミュニケーションの配慮を求めるときに提示。

報道資料

以下、全日本ろうあ連盟ホームページに掲載されました報道関係者への資料を引用いたします。

 一般財団法人全日本ろうあ連盟は会員約2万人を擁する、聴覚障害者の当事者団体です。

 わたしたちろう者、難聴者、中途失聴者(以下、ろう者等)にとり、コミュニケーションバリアの問題は永遠の課題です。生活のあらゆる場面では聞こえる人とのコミュニケーション手段は音声が基本です。ろう者等は音声に代わる、視覚的な手段でのコミュニケーション方法、手話や筆談が必要です。
 近年、手話やろう者等への理解は徐々に広がり、役所や公共施設の窓口等で筆談や手話で対応してもらえる例も見られます。ろう者等にとって「筆談で対応できる」「手話で対応できる」ことが一目でわかると、安心して公共施設等を利用することができます。
 そこで、全日本ろうあ連盟は誰にでも一目でコミュニケーション手段のわかる「手話マーク」・「筆談マーク」を策定しました。

 2020年には東京オリンピック・パラリンピックが日本で開催されます。外国人へのコミュニケーション保障だけでなく、国内のろう者等へのコミュニケーション保障こそ必要と考えます。全日本ろうあ連盟では今後、「手話マーク」「筆談マーク」を普及し、ろう者等に対するコミュニケーション手段の配慮について、理解を広めていきます。そしてこのマークが街にあふれ、ろう者等も含め自由にコミュニケーションの取れる社会を目指します。
 また将来的には世界に通用するコミュニケーションマークを日本から発信し、国際標準マークとして普及を図っていきたいと考えています。

 つきましては「手話マーク」「筆談マーク」の趣旨をご理解いただき、ぜひマークを取り上げていただきたくよろしくお願い申し上げます。

2016年12月1日

この記事の投稿者

みやのひろ
みやのひろ
言語聴覚士。休日はアマチュア落語家。趣味でインターネットやプログラミングの勉強をしている。最近は自転車や山登りなどアウトドアにも興味が出てきたメタボリックな30代。
得意分野:聴覚障害
ブログ:GO!GO!言語聴覚士

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

外リンパろう

ヒトの耳は、耳の穴から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空間の中耳、さらに奥にあるカタツムリのような形の内耳の3つの構造に分かれています。中耳と内耳の間には、前庭窓と蝸牛窓という2つの窓があり、このうちの前庭 …

内耳の疾患

内耳とは 蝸牛(かぎゅう)とそこからつながる神経から作られる器官を内耳と呼びます。 内耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 内 …

中耳の疾患

中耳とは 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官を中耳と呼びます。 中耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご …

難聴による身体障害者手帳の取得について

身体上の障害が認定された方に対して交付される手帳であり、手帳を所持していることで各種福祉サービスを受けることができます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニ …

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …