STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

突発性難聴

投稿日:

健康で耳の病気を経験したことのない人が、ある日突然発症する難聴です。多くは一側性(片方の耳)であり、繰り返すことはありませんが、治療せずに放置してしまうと高度の難聴が残ってしまいます。男女差はなく、一般的には40~50歳代に多くみられます

症状

主な症状は、原因不明の急激な高度感音性難聴です。一側性(片方の耳)ですが、まれに同時あるいは異なる時期に両方の耳で発症することもあります。多くの場合は耳鳴り耳閉感を生じ、約半数にめまいも生じます。難聴と同時に生じるめまいは、ぐるぐる目が回る回転性のもので吐き気を伴うこともあります。難聴より後に生じるめまいは、ふらつき感のあるめまいです。

原因

今のところ原因は不明です。原因と考えられる説はいくつかあり、そのなかでも有力なものが「ウィルス感染」と「内耳循環障害」です。
ストレスや過労により免疫力が低下すると、はしかやインフルエンザなどのウィルスに感染しやすくなったり、内耳の血液循環が悪くなり機能低下が生じたりして、突発性難聴を発症すると考えられています。

治療

安静

難聴の発症前にストレスや疲労を感じている方が多いため、心身の安静は重要です。安静のための入院治療も勧められます。

薬物療法

推測される原因によって、薬を組合わせて処方します。ウィルス感染が疑われるときにはステロイド薬、内耳循環障害が疑われるときには、血液の循環を改善する循環改善薬や血管拡張薬を投与します。

その他の療法

内耳循環を改善させるため、頸部にある星状神経節を麻酔薬で一時的に麻痺させて、内耳へと流れる血液を増やす「星状神経節ブロック」が行われることがあります。また、高濃度酸素を吸入する「高圧酸素療法」も内耳循環を改善させる方法です。

治療は1週間以内

突発性難聴では、発症後1週間以内に治療しなければ症状が残ってしまう可能性が高いとされています。たとえ症状が軽くても、放置せずすぐに病院を受診することをお勧めします。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-

執筆者:

関連記事

耳の解剖と聞こえについて

耳の解剖 外耳 耳介(がいじ)と外耳道(がいじどう)から作られます。 耳介は前後の方向感覚に役立ち、外耳道は鼓膜へ音を伝えるトンネルとしての働きをします。 中耳 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ) …

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

情報保障機器 聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音が聞こえない場合に光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振 …

残存聴力活用型人工内耳

残存聴力活用型人工内耳とは 人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残 …

赤ちゃん用ベビー型補聴器

ベビー型補聴器とは 生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 ※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例 ベビー型補聴器を使 …

手話言語法まとめ

近年、全国各地で手話言語法の成立が盛んです。平成25年に鳥取県で「鳥取県手話言語条例」が施行されたのを皮切りに、全国の自治体で独自の条例が施行されるようになりました。 おおまかな内容は「手話を一つの言 …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。