STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

前庭神経炎

投稿日:

風邪の症状から1~2週間して、突然まわりがぐるぐるまわるような激しい回転性めまいが起こる病気です。めまいのなかでも最も強い症状であり、立っていられないほどの発作が起こります。

症状

突然の激しい回転性めまいとめまいによる吐き気、嘔吐がみられます。大きなめまい発作は一度だけですが、回転性のめまいは数日間続き、その間は食事を摂ることや起き上げることも困難になります。1~2週間で自然軽快して通常の生活に戻れますが、軽いめまいは2~3ヵ月、ふらつきやふわふらとした浮遊感は数カ月と長期にわたって残ることがあります。
耳鳴りや難聴などの症状は伴いません(メニエール病との鑑別点)。

原因

今のところ原因は不明です。しかし、主に風邪の症状のあとにめまい発作が生じるので、アレルギー反応が関係しているのではないかと考えられています。

治療

発作後1~2週間

強いめまいや嘔吐のある急性期(発作後1~2週間)は安静が第一です。できるだけ頭を動かさず、めまいが落ち着くまでは横になって安静を保ちます。めまいを抑える抗めまい薬や吐き気止めの薬を点滴や内服で投与します。不安感が強いときには抗不安薬を投与します。また、炎症を抑えるステロイド薬を使用する場合もあります。

発作後2週間~数ヵ月

めまい感の持続する慢性期(発作後2週間~数ヵ月)は、症状に合わせていくつかの薬を併用します。内耳の循環障害が考えられる場合には循環改善薬やビタミン薬、強い不安感を持つ場合には抗不安薬、ウィルス感染が明らかな原因の場合には抗ウィルス薬を処方します。

症状軽快後は運動を取り入れる

前庭神経炎が治っても、損傷した前庭神経の機能そのものは完全には回復しないことが多いと考えられています。しかし、ヒトの体には損なわれた機能を補う代償機能が備わっています。めまいが軽くなったら積極的に運動をして代償機能を活性化させることが大切です。運動をするほどめまいも起こりにくくなっていきますので、無理のない範囲で習慣的に運動を取り入れることをお勧めします。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-

執筆者:

関連記事

聴覚障害者のコミュニケーション方法

コミュニケーション方法の種類 聴覚障害者のコミュニケーション方法において代表的なものは4つあります。手話、筆談、読話、音声(補聴器・人工内耳)です。ここでは、それぞれのコミュニケーション方法について紹 …

人工内耳

人工内耳とは 人工内耳とは、重度の聴覚障害者の聴力を取り戻すための人工臓器です。手術により、内耳の奥にある蝸牛に電極を差込み、電極から聴神経に直接電気刺激をして、その電気情報を「聴こえ」として脳に伝え …

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

手話マーク・筆談マーク

一般財団法人 全日本ろうあ連盟が公共施設の窓口などで手話や筆談に対応できることを知らせる目的で「手話マーク」と「筆談マーク」を作成しました。 マークについては全日本ろうあ連盟のホームページから無償ダウ …