STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

自伝的記憶検査(ABMT)

投稿日:

自伝的記憶検査(Autobiographical Memory Test:ABMT)は、逆向性記憶に関する評価を行う検査です。
日本語版では、自叙伝的記憶検査や慶應版自伝的記憶検査が公開されています。
慶應版ABMTでは、子ども時代(15歳まで)、成人期初期(16歳~40歳)、成人期後期(41歳~発症)の3期それぞれについて判定し、自伝的記憶に関する時間的勾配も評価できるものとなっています。

前向性記憶と逆向性記憶

前向性記憶

交通事故の後遺症のように、事故の時点から後の新しい記憶(前向性記憶)に障害を受けることを、前向性健忘といいます。

逆向性記憶

事故の時点から過去に遡っての記憶(逆向性記憶)に障害を受けることを逆向性健忘といいます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

長谷川式簡易知能評価スケール(Hasegawa Dementia Scale:HDS-R)は、日本におけるもっとも長い歴史をもつ認知症のスクリーニング検査です。5分〜10分程度で実施可能なため、医師・ …

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイン …

三宅式記銘力検査

対語法による聴覚性言語性記銘力検査です。 近時記憶、なかでも言語性の記憶能力を評価します。意味的関連の深い名詞(有関係対語)10対と意味的関連の希薄な名詞(無関係対語)10対から構成され、一対ずつ聞か …

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、ま …

DN-CAS認知評価システム

DN-CAS認知評価システム(Das-Naglieri Cognitive Assessment System:DN-CAS)は、PASS理論に基づくプランニング、注意、同時処理、継次処理の4つの認知 …