STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

時計描画検査(CDT)

投稿日:

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。

特徴

施行方法は、Command CDTがA4サイズの白紙に「11時10分を指す時計の絵を描いてください」といった教示による描画課題。Copy CDTはAサイズの白紙にあらかじめ11時10分を指す時計の絵が描画されたものを提示して「これと同じ時計の絵を描いてください」といった教示により模写させる描画課題で構成されています。

Command CDTは、健常群と軽度認知障害群の鑑別に有用であり、Copy CDTは、健常群や軽度認知障害群とアルツハイマー病群の鑑別に有用となることが示唆されています。

Command CDT

Command CDTでは、視空間認知や構成に関わる後頭葉や頭頂葉機能、時計の概念把握としての側頭葉機能、描画方略としての前頭葉機能などを含めたより広範囲な高次脳機能が関与しています。

Copy CDT

Copy CDTでは、視空間認知や構成に関わる後頭葉や頭頂葉機能、模写のエラーやエラーの際の自己修正に関する島皮質周辺領域における機能が関与しています。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握でき …

実行検査(EXIT25)

実行検査(Executive Interview:EXIT25) 50点満点の失点方式による遂行機能検査です。 特徴 下位検査には以下の項目があります。 数字-文字課題 語流暢性 デザイン流暢性 主題 …

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …

価格テスト

価格テスト(Prices Test)は、身近な物の現在の価格を質問することにより、逆向性健忘の程度を測定する検査です。 特徴 日本語版では以下のことに留意した上で、価格を質問する物品が選択されています …

遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)

遂行機能障害症候群の行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome:BADS)は、生態学的妥当性を意識した日常生活上の遂行機能に関する …