STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

実行検査(EXIT25)

投稿日:

実行検査(Executive Interview:EXIT25)

50点満点の失点方式による遂行機能検査です。

特徴

下位検査には以下の項目があります。

  1. 数字-文字課題
  2. 語流暢性
  3. デザイン流暢性
  4. 主題理解
  5. 変則的な文の復唱
  6. 記憶/注意転導課題
  7. 干渉課題
  8. 自動的行動I
  9. 自動的行動II
  10. 把握反射
  11. 社会的習慣I
  12. 運動維持困難
  13. 口すぼめ反射
  14. 指-鼻-指課題
  15. Go/No-Go課題
  16. 反響動作I
  17. Luria Hand Sequence I
  18. Luria Hand Sequence II
  19. 把握課題
  20. 反響動作II
  21. 複雑命令課題
  22. 逆順序課題
  23. 使用行動
  24. 模倣行動
  25. カウント課題

短縮版のQuick EXITでは以下の項目を実施します。
1,2,3,4,5,6,7,12,15,16,17,18,19,22

EXIT15では以下の項目を実施します。
1,2,3,4,5,6,7,12,15,16,17,18,21,22,24

マニュアル、検査用紙はresearchmapホームページから無料でダウンロードが可能です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …

エディンバラ利き手検査

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。 人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左 …

レイ複雑図形検査(ROCFT)

レイ複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure Test:ROCFT)は、高次脳機能障害者の視空間認知再構成機能や視覚記憶機能の簡易な評価法として使用されています。 複雑 …

時計描画検査(CDT)

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。 特徴 施行方法は、Command CD …

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …