STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

福祉・介護 高次脳機能障害

長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

投稿日:

長谷川式簡易知能評価スケール(Hasegawa Dementia Scale:HDS-R)は、日本におけるもっとも長い歴史をもつ認知症のスクリーニング検査です。5分〜10分程度で実施可能なため、医師・看護師・リハビリスタッフ・介護士などが様々な職種が評価を行うことができ、医療・介護の幅広い領域で活用されています。

HDS-Rの特徴

  • 所要時間が約5〜10分と短時間でテストができる
  • 認知症のスクリーニングテストとして日本で主流となっている
  • 認知機能の中でも記憶力に関する項目で構成されている
  • 20点以下/30点満点で認知症の疑いがあるとされる
  • テストの妥当性が高い
  • 物品は、日用物品だけ簡単に準備できる

認知症の類似検査

認知症のスクリーニング検査の代表的なものには、HDS-RとMMSEがあります。
MMSEとは、ミニメンタルステート検査(Mini Mental State Examination)の略称で、見当識・記憶力・計算力・言語能力・図形的能力を含めた認知機能をテスト形式で30満点で評価します。
MMSEは世界標準のテストとして普及していますが、日本ではHDS-Rが活用されています。

関連記事

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-福祉・介護, 高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

地域包括ケアシステムとは

日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、65歳以上の人口は現在3,000万人を超えており、国民の4人に1人が高齢者であるという急速な高齢化社会にあります。高齢者人口は今後も増加を続け …

カウフマン式児童用アセスメント・バッテリー(K-ABC)

カウフマン式児童用アセスメント・バッテリー(Kaufman Assessment Battery for Children:K-ABC)は、神経心理学と認知心理学の理論に基づき、心理学的アセスメントと …

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握でき …

価格テスト

価格テスト(Prices Test)は、身近な物の現在の価格を質問することにより、逆向性健忘の程度を測定する検査です。 特徴 日本語版では以下のことに留意した上で、価格を質問する物品が選択されています …

エディンバラ利き手検査

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。 人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左 …



サイト内検索