STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

エディンバラ利き手検査

投稿日:

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。
人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左手利きの人の40%も右半球に言語野があると言われています。

利き手、利き目、利き耳などをラテラリティ(laterality)と総称しますが、厳密には身体の左右器官の間における好みの偏り(preference)と能力(performance)上の左右差の両面を指す概念とされています。

エディンバラ利き手検査(Edinburgh Handedness Inventory:EHI)は、利き手を好みの偏り(preference)に判断する検査です。
利き手を連続体として捉え、ラテラリティ指数(laterality quotient:LQ)で算出します。

LQ=(右手の+の数)-(左手の+の数)/(右手の+の数)+(左手の+の数)

算出結果は-100~+100の範囲で導かれ、その方向だけでなく程度の強さも判定されます。

LQ=+100→強い右手利き
LQ=0→完全な両手利き
LQ=-100→強い左手利き

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

実行時計描画課題(CLOX)

実行時計描画課題(Executive Clock Drawing Task:CLOX)は、構成/視空間能力を測定する時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)に、ゴール選択、プランニ …

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握でき …

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイン …

高次脳機能障害の主な症状

記憶障害 新しいことが覚えられない、過去のエピソードを忘れてしまう、大切な物をしまった場所を忘れてしまう、何度も同じことを聞いてしまう、などの記憶の障害です。 新しいことが覚えられない前向性健忘と発所 …

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …