STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

エディンバラ利き手検査

投稿日:

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。
人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左手利きの人の40%も右半球に言語野があると言われています。

利き手、利き目、利き耳などをラテラリティ(laterality)と総称しますが、厳密には身体の左右器官の間における好みの偏り(preference)と能力(performance)上の左右差の両面を指す概念とされています。

エディンバラ利き手検査(Edinburgh Handedness Inventory:EHI)は、利き手を好みの偏り(preference)に判断する検査です。
利き手を連続体として捉え、ラテラリティ指数(laterality quotient:LQ)で算出します。

LQ=(右手の+の数)-(左手の+の数)/(右手の+の数)+(左手の+の数)

算出結果は-100~+100の範囲で導かれ、その方向だけでなく程度の強さも判定されます。

LQ=+100→強い右手利き
LQ=0→完全な両手利き
LQ=-100→強い左手利き

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

DN-CAS認知評価システム

DN-CAS認知評価システム(Das-Naglieri Cognitive Assessment System:DN-CAS)は、PASS理論に基づくプランニング、注意、同時処理、継次処理の4つの認知 …

レイ複雑図形検査(ROCFT)

レイ複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure Test:ROCFT)は、高次脳機能障害者の視空間認知再構成機能や視覚記憶機能の簡易な評価法として使用されています。 複雑 …

高次脳機能障害の原因

主な原因 高次脳機能障害を呈する主な原因としては、60~70%を脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が占めます。次いで脳外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などの感染症があります。 こうした原因疾患へ …

遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)

遂行機能障害症候群の行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome:BADS)は、生態学的妥当性を意識した日常生活上の遂行機能に関する …

標準注意検査法・標準意欲評価法(CATS)

標準注意検査法・標準意欲評価法(Clinical Assessment for Attention and Spontaneity:CATS)は、日本高次脳機能障害学会Brain FunctionTe …