STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

エディンバラ利き手検査

投稿日:

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。
人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左手利きの人の40%も右半球に言語野があると言われています。

利き手、利き目、利き耳などをラテラリティ(laterality)と総称しますが、厳密には身体の左右器官の間における好みの偏り(preference)と能力(performance)上の左右差の両面を指す概念とされています。

エディンバラ利き手検査(Edinburgh Handedness Inventory:EHI)は、利き手を好みの偏り(preference)に判断する検査です。
利き手を連続体として捉え、ラテラリティ指数(laterality quotient:LQ)で算出します。

LQ=(右手の+の数)-(左手の+の数)/(右手の+の数)+(左手の+の数)

算出結果は-100~+100の範囲で導かれ、その方向だけでなく程度の強さも判定されます。

LQ=+100→強い右手利き
LQ=0→完全な両手利き
LQ=-100→強い左手利き

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

実行検査(EXIT25)

実行検査(Executive Interview:EXIT25) 50点満点の失点方式による遂行機能検査です。 特徴 下位検査には以下の項目があります。 数字-文字課題 語流暢性 デザイン流暢性 主題 …

時計描画検査(CDT)

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。 特徴 施行方法は、Command CD …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、ま …

実行時計描画課題(CLOX)

実行時計描画課題(Executive Clock Drawing Task:CLOX)は、構成/視空間能力を測定する時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)に、ゴール選択、プランニ …



サイト内検索