STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

レーヴン色彩マトリックス検査(RCPM)

投稿日:

レーヴン色彩マトリックス検査(Raven’s Coloured progressive matrices:RCPM)は、視覚的課題の演繹的な推理能力を測定する検査として考案され、一般には知能検査として利用されています。

特徴

以下の3つの課題があります。

  • 5歳以上の児童と高齢者を対象としたRCPM
  • 概ね6歳以上を対象としたレーヴン標準漸進的マトリックス(SPM)
  • 概ね11歳以上の者や平均以上の成績を示す者を対象としたレーヴン高次漸進的マトリックス(APM)

日本では標準化された日本版RCPMが利用されています。
また本検査は、WAB失語症検査の下位検査にも含まれており、言語障害者や高次脳機能障害者の知的機能障害の有無を判定することも可能です。

言語を介さずに答えることができる非言語的な概念形成と意味づけの検査で、文化的背景に影響されにくく、被検者に負担をかけないで連続した視覚的パターン合わせと類似の問題によって関係と相関を抽出する推理能力を測定できます。

所要時間は10~15分です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

標準注意検査法・標準意欲評価法(CATS)

標準注意検査法・標準意欲評価法(Clinical Assessment for Attention and Spontaneity:CATS)は、日本高次脳機能障害学会Brain FunctionTe …

高次脳機能障害者の支援のポイント

記憶障害の症状と対応 予定や約束を忘れる。 同じことを何度も尋ねているのに気付かない。 片づけた場所を忘れて物をなくす。 人の名前、作業の手順が覚えられない。 予定や約束はメモし、目につくところに貼る …

エディンバラ利き手検査

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。 人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左 …

実行時計描画課題(CLOX)

実行時計描画課題(Executive Clock Drawing Task:CLOX)は、構成/視空間能力を測定する時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)に、ゴール選択、プランニ …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …