STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

線引きテスト(TMT)

投稿日:

線引きテスト(Trail Making Test:TMT)は、partAとpartBの2つから構成されており、partAは『1~25』の数字を昇順に、partBは『1~13』の数字と『あ~し』のひらがなを交互に線で結ぶものになっています。

特徴

partAは、特に大脳基底核性の注意力、後頭葉性の視覚探索力、後頭頭頂葉性の視覚-運動機能の障害を検索するのに有力です。
partBは、特に前頭葉背外側性のカテゴリーセットの転換機能(認知的柔軟性)の障害を検知するのに有力です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握でき …

高次脳機能障害者の支援のポイント

記憶障害の症状と対応 予定や約束を忘れる。 同じことを何度も尋ねているのに気付かない。 片づけた場所を忘れて物をなくす。 人の名前、作業の手順が覚えられない。 予定や約束はメモし、目につくところに貼る …

実行検査(EXIT25)

実行検査(Executive Interview:EXIT25) 50点満点の失点方式による遂行機能検査です。 特徴 下位検査には以下の項目があります。 数字-文字課題 語流暢性 デザイン流暢性 主題 …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)

遂行機能障害症候群の行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome:BADS)は、生態学的妥当性を意識した日常生活上の遂行機能に関する …