STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

標準高次視知覚検査(VPTA)

投稿日:

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握できるように開発された成人用テストバッテリーです。

特徴

検査項目には以下の7つの大項目があります。

  1. 視知覚の基本機能
  2. 物体・画像認知
  3. 相貌認知
  4. 色彩認知
  5. シンボル認知
  6. 視空間の認知と操作
  7. 地誌的見当識の機能

検査時間は1時間40分程度です。必要に応じて分割して実施することができ、原則として2週間以内の実施とされています。

検査結果プロフィールは、日本高次脳機能障害学会ホームページより無料でダウンロードできます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

実行時計描画課題(CLOX)

実行時計描画課題(Executive Clock Drawing Task:CLOX)は、構成/視空間能力を測定する時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)に、ゴール選択、プランニ …

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

実行検査(EXIT25)

実行検査(Executive Interview:EXIT25) 50点満点の失点方式による遂行機能検査です。 特徴 下位検査には以下の項目があります。 数字-文字課題 語流暢性 デザイン流暢性 主題 …

自伝的記憶検査(ABMT)

自伝的記憶検査(Autobiographical Memory Test:ABMT)は、逆向性記憶に関する評価を行う検査です。 日本語版では、自叙伝的記憶検査や慶應版自伝的記憶検査が公開されています。 …