STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

言語発達障害とは

投稿日:

言語発達障害とは

言語発達障害とは、正常発達に比べてことばの数が少ない、長文を構成できない、話し言葉を理解できない、助詞が理解できない、発音がはっきりしないなどの言語習得の遅れた状態を指します。
発達の途上で生じる言語障害には、知能や運動、感覚などの発達は正常だが、発音だけに異常がある構音の遅れと広汎な発達障害のひとつの症状としてのことばの遅れがあります。

言語発達障害の要因

言語発達には、聴覚・視覚・触覚などの感覚機能、知的機能、対人関係を維持する機能、発声発語器官の運動機能、言語に関する高次脳機能、言語を使用する環境が整えられている必要があります。

これらの機能の発達に問題があれば、言語発達が遅れる可能性があります。なので、言語発達障害を考える場合、言語だけでなく、さまざまな側面の発達をみていく必要があります。

阻害要因 言語発達障害のタイプ
聴覚の問題 聴力障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
知的の問題 知的障害に伴う言語発達障害
広汎性発達障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
対人関係の問題 広汎性発達障害に伴う言語発達障害
注意欠陥/多動性障害に伴う言語発達障害
発声発語器官の運動の問題 脳性麻痺に伴う言語発達障害
言語に関わる高次脳機能の問題 特異的言語発達障害
学習障害

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

集音器と補聴器の違い

集音器と補聴器の違いとは 世の中には聞こえを補助する機器として、「集音器」と「補聴器」があります。見た目も機能も似ている製品ですが、両者の違いは何でしょうか。 補聴器は管理医療機器、集音器は家電製品 …

声帯嚢胞(せいたいのうほう)

声帯に袋状の良性の腫瘍が生じた状態です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 …

食べやすい食品と食べにくい食品

食べやすい食品と食べにくい食品 嚥下障害者には、食べやすい食品と食べにくい食品があります。 食べやすい食品とは、「口の中で拡がらず、くっつかずにひと塊りで飲み込める食品」です。逆に口の中でバラバラにな …

感音性難聴の今の私の聴こえと健聴だった頃の聴こえを比較してみた

難聴は「目に映らない障害」と言われており、接しても気づかないことも少なくありません。そのことから誤解を受けたり、支障があったりと、生活上の不便さを訴える声も聞こえます。 そんな難聴者の現実を説明した投 …



サイト内検索