STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

言語発達障害とは

投稿日:

言語発達障害とは

言語発達障害とは、正常発達に比べてことばの数が少ない、長文を構成できない、話し言葉を理解できない、助詞が理解できない、発音がはっきりしないなどの言語習得の遅れた状態を指します。
発達の途上で生じる言語障害には、知能や運動、感覚などの発達は正常だが、発音だけに異常がある構音の遅れと広汎な発達障害のひとつの症状としてのことばの遅れがあります。

言語発達障害の要因

言語発達には、聴覚・視覚・触覚などの感覚機能、知的機能、対人関係を維持する機能、発声発語器官の運動機能、言語に関する高次脳機能、言語を使用する環境が整えられている必要があります。

これらの機能の発達に問題があれば、言語発達が遅れる可能性があります。なので、言語発達障害を考える場合、言語だけでなく、さまざまな側面の発達をみていく必要があります。

阻害要因 言語発達障害のタイプ
聴覚の問題 聴力障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
知的の問題 知的障害に伴う言語発達障害
広汎性発達障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
対人関係の問題 広汎性発達障害に伴う言語発達障害
注意欠陥/多動性障害に伴う言語発達障害
発声発語器官の運動の問題 脳性麻痺に伴う言語発達障害
言語に関わる高次脳機能の問題 特異的言語発達障害
学習障害

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

耳の解剖と聞こえについて

耳の解剖 外耳 耳介(がいじ)と外耳道(がいじどう)から作られます。 耳介は前後の方向感覚に役立ち、外耳道は鼓膜へ音を伝えるトンネルとしての働きをします。 中耳 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ) …

喉頭麻痺

喉頭の動きに関係する神経に何らかの原因が生じて、声帯やその他の喉頭の筋肉の動きが障害された状態を喉頭麻痺といいます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

音声障害に関する記事まとめ

音声障害に関する記事をまとめました。新しい記事を投稿しましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆し …

人工内耳

人工内耳とは 人工内耳とは、重度の聴覚障害者の聴力を取り戻すための人工臓器です。手術により、内耳の奥にある蝸牛に電極を差込み、電極から聴神経に直接電気刺激をして、その電気情報を「聴こえ」として脳に伝え …

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …