STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

言語発達障害とは

投稿日:

言語発達障害とは

言語発達障害とは、正常発達に比べてことばの数が少ない、長文を構成できない、話し言葉を理解できない、助詞が理解できない、発音がはっきりしないなどの言語習得の遅れた状態を指します。
発達の途上で生じる言語障害には、知能や運動、感覚などの発達は正常だが、発音だけに異常がある構音の遅れと広汎な発達障害のひとつの症状としてのことばの遅れがあります。

言語発達障害の要因

言語発達には、聴覚・視覚・触覚などの感覚機能、知的機能、対人関係を維持する機能、発声発語器官の運動機能、言語に関する高次脳機能、言語を使用する環境が整えられている必要があります。

これらの機能の発達に問題があれば、言語発達が遅れる可能性があります。なので、言語発達障害を考える場合、言語だけでなく、さまざまな側面の発達をみていく必要があります。

阻害要因 言語発達障害のタイプ
聴覚の問題 聴力障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
知的の問題 知的障害に伴う言語発達障害
広汎性発達障害に伴う言語発達障害
脳性麻痺に伴う言語発達障害
対人関係の問題 広汎性発達障害に伴う言語発達障害
注意欠陥/多動性障害に伴う言語発達障害
発声発語器官の運動の問題 脳性麻痺に伴う言語発達障害
言語に関わる高次脳機能の問題 特異的言語発達障害
学習障害

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

赤ちゃん用ベビー型補聴器について

生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

補聴器の福祉制度の利用

総合支援法による補装具費支給制度 障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。 聴覚障害の等級や障害の状況により支 …

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …

特異的言語発達障害

特異的言語発達障害とは 言語発達に関わる要因としての聴覚障害、知的障害、対人関係障害(広汎性発達障害)、脳の器質的障害、発声発語器官の障害、環境の問題などに原因がないにもかかわらず、言語発達が特異的に …

嚥下体操

嚥下体操 嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。 体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを …