STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

ことばの正常発達

投稿日:

0歳児

生まれたての赤ちゃんは泣くことにより自分の欲求(おむつやごはんなど)を母親に伝えますが、2ヶ月ころになると声を出す器官が発達し、「アウアウ」といったクーイングという声がでてきます。これは機嫌のよいときによく見られます。

3,4ヶ月ころになると、「マママ・・・バババ・・・」といった喃語(なんご)が出てきます。母親の口を真似して動かしたり、ひとりでことば遊びをしたりと、喃語は言語発達にとても重要な意味を示します。

1歳児

1歳前後は、始語(しご)といわれる始めて意味のあることばが出る時期です。そして、1歳半から2歳頃は、語彙の爆発期といわれ、急にことばの数が増え始めます。
この時期はことばの数がまだ少ないため、自分のなかでことばのカテゴリー分けができていません。なので、動物は全て「ワンワン」、乗り物は全て「ブーブー」のようなことばを話します。

2歳児

語彙が急に増え始めたら、「クッキー チョウダイ」のような単語と単語を組合わせた2語文といわれる会話をするようになります。
2歳後半になると、助詞が出始める子もいます。

3歳児

この頃になると、「クッキー ヲ タベル」のような助詞を使った文を話し始めます。しかし、使える助詞の数が増えてくると「リンゴ ガ トッテ」のように誤った使い方をしてしまいます。

4歳児以降

4歳を過ぎるとほとんどの助詞は使えるようになり、カテゴリーの存在にも気づき始めます。また、「クッキーもらってもいい?」のような間接的な表現を使えるようになります。
そして、5歳を過ぎるころには、文の組み立てや助詞の誤りはほとんどなくなり、日常のコミュニケーション言語はほぼ完成されます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

とろみの必要性について

とろみの必要性について 口から食べる機能が障害されると、一般的に水分やお茶、味噌汁のようなものが上手に飲めなくなります。水のようにサラサラした粘度の低い液体は、動きが速く、口の中で広がりやすいため、誤 …

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドについて 嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。 すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食か …

耳の解剖と聞こえについて

耳の解剖 外耳 耳介(がいじ)と外耳道(がいじどう)から作られます。 耳介は前後の方向感覚に役立ち、外耳道は鼓膜へ音を伝えるトンネルとしての働きをします。 中耳 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ) …

嚥下障害者の食物の形態について

嚥下障害者の食物の形態について 食物の種類と形態 嚥下障害患者にとって、食物は咀嚼や食塊形成の障害を補うことができ、咽頭残留や誤嚥の危険が少ないものでなければなりません。 そのため、食物に求められる条 …

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、ま …



サイト内検索