STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

学習障害

投稿日:

学習障害(Learning Disabilities:LD)とは、日本では、文部省の平成11年「学習障害児に対する指導について(報告)」により以下のように定義さています。

「基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。
学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」

また、医学的診断基準では、読字障害、書字表出障害、算数障害、特定不能の学習障害を指します。

障害の特徴

聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力とは、

  • 文字を習ったとしても理解できず、読むことができない。(読む)
  • 読むことができても、文字を書くことができない。(書く)
  • 簡単な計算であっても解けず、意味が理解できない。(算数)
  • 他人の話すことを聞くことができない。(聞く)
  • 聞くことができても、うまく話すことができない。(話す)
  • 思い出しながら考えたり筋道立て話をしたりすることができない(推論)

このような問題を示す子どもたちは、国語の読解や作文、算数の文章課題などにつまずいてしまい、また、量の比較・計算の位どり、左右や方向の理解が進まず、算数障害を起こす危険が高くなります。

読字障害(特異的読字障害)

読みの正確さと理解力について、年齢や知能の程度より明らかに低く、読字能力を必要とする学業成績や日常の生活が障害されている状態です。

また、読字障害を持ったこどもは、しばしば会話や言語の特異的発達障害の既往をもっており、書字障害や多動、衝動性を伴うことも多くみられます。

読字障害はさまざまな現れ方をします。

  • 読み間違い
  • 飛ばし読み
  • 音の置き換え(ほし→とし)
  • 読めても内容が理解できない
  • 読むのが遅い
  • 反対から読んでしまう

書字表出障害(特異的綴り字障害)

書字能力が年齢や知能の程度より明らかに低く、口頭で綴りを言う力と語を正確に書きだす能力のいずれもが障害され、文章を書くことを必要とする学業成績や日常の活動が障害されている状態です。

書字障害はさまざまな現れ方をします。

  • 句読点が打てない
  • 文字を書き写せない
  • 聞いた通りに書けない
  • 書くという作業ができない
  • 文字の一部だけ書き損じてしまう

算数障害(特異的算数能力障害)

算数の能力が年齢や知能の程度より明らかに低く、算数能力を必要とする学業成績や日常の活動が障害されている状態です。

算数の障害はさまざまな現れ方をします。

  • 特殊な算数操作の基本となる概念が理解できない。
  • 算数用語や符号の理解に欠ける。
  • 数字を認識しない。
  • 標準的な算数操作を行うことができない。
  • 数字を正しく並べることができない。
  • 算数中に小数や記号を挿入することができない。
  • 算数計算の空間的な組み立てが下手。
  • 掛け算を十分に学習できない。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

赤ちゃん用ベビー型補聴器

ベビー型補聴器とは 生後まもなくから1歳台(独り歩きできるまで)の乳幼児の赤ちゃんは、ベビー型補聴器と呼ばれる特別な補聴器を使用します。 ※ 画像はリオネット社のベビー型補聴器の例 ベビー型補聴器を使 …

無喉頭音声とは

無喉頭音声とは 喉頭がんや下咽頭がんの根治治療のために喉頭全摘出手術を行うことがあります。この手術を行うと、気管と食道が完全に分離されるために、通常の発声が不能になり、そのため、通常の音声の代わりとな …

嚥下体操

嚥下体操 嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。 体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。