STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

特異的言語発達障害

投稿日:2015年10月12日 更新日:

特異的言語発達障害とは

言語発達に関わる要因としての聴覚障害、知的障害、対人関係障害(広汎性発達障害)、脳の器質的障害、発声発語器官の障害、環境の問題などに原因がないにもかかわらず、言語発達が特異的に遅れてしまう障害です。

言語の表出面(話し言葉)が特異的に遅れてしまう表出性言語障害と言語の理解と表出がともに遅れる受容・表出混合性言語障害の2つのタイプがあります。

原因ははっきりしていません。

言語発達の特徴

  • 言語表出の発達は初期には遅れており、ジェスチャーなどを使用します。だが、就学前までにはことばを使ったコミュニケーションは支障がなくなることが多い。
  • 言語表出は稚拙で、単語や2,3語文の発話が多く、助詞の欠落したまとまりのない会話が多い。
  • ことばの数が少なく、ことばが浮かばないことなどの問題を指摘される多い。
  • 単音ならしっかり発音できるが、単語や文になると発音の誤りが出現しすることがある。
  • 文脈における意味理解が困難で、的外れな応答をしたり、会話が自己中心的になったりする。

こうした問題が就学以後の読み書きやより高次の学習言語の習得に問題を引き起こす原因になることが多くあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …

聴覚障害まとめ

聴覚障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆 …

ポリープ様声帯

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予 …

知的障害とは

知的障害とは 知能を中心とした精神発達が幼少時期から遅れていて、社会的な適応が困難な状態を示すものの総称です。 アメリカ精神遅滞協会で用いられている精神遅滞(mental retardation)とほ …

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …