STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 脳と神経

脳神経とは

投稿日:

脳神経とは

脳神経とは、脳から出ている末梢神経のことで、頭部から顔面、頸部にかけての運動や感覚、自律神経を支配しています。ほとんどの中枢(神経核)は脳幹にあり、そこから左右12対の脳神経が発生しています。

頭側から尾側の順になるように付けられた番号でも呼ばれ、順に第I脳神経-嗅神経、第II脳神経-視神経、第III脳神経-動眼神経、第IV脳神経-滑車神経、第V脳神経-三叉神経、第VI脳神経-外転神経、第VII脳神経-顔面神経、第VIII脳神経-内耳神経、第IX脳神経-舌咽神経、第X脳神経-迷走神経、第XI脳神経-副神経、第XII脳神経-舌下神経となります。

脳神経

語呂合わせで覚える

語呂合わせで覚えましょう。

嗅(か)いで視(み)る、動(うご)く車(くるま)の三(さん)の外(そと)、顔(かお)聴(き)く咽(のど)は迷(まよ)う副(ふく)舌(ぜつ)

各神経の説明

I 嗅神経 Olfactory nerve

嗅覚を司る感覚神経です。

II 視神経 Optic nerve

視覚を司る感覚神経です。

III 動眼神経 Oculomotor nerve

眼球運動(上直筋、下直筋、内直筋、下斜筋)の支配、眼瞼運動(眼瞼挙筋)の支配、自律神経(副交感神経)によって瞳孔径の調節(瞳孔括約筋、毛様体筋)を司る混合神経です。

IV 滑車神経 Trochlear nerve

眼球運動(上斜筋)を支配する運動神経です。

V 三叉神経 Trigeminal nerve

3本の枝に分かれ、顔面の感覚や咀嚼、咬合に関与する混合神経です。
・第1枝(眼枝):顔面前額部の感覚を司ります。
・第2枝(上顎枝):顔面上顎部から上口唇の感覚を司ります。
・第3枝(下顎枝):顔面側頭部から下顎の感覚を司ります。

VI 外転神経 Abducent nerve

眼球運動(外直筋)を支配する運動神経です。

VII 顔面神経 Facial nerve

運動神経、感覚神経、自律神経の線維を含む混合神経です。
・運動神経:表情筋(収縮すると表情ができる皮筋)を支配します。
・感覚神経:舌の前2/3の味覚と、外耳の知覚を司ります。
・自律神経(副交感神経):涙腺や唾液腺(舌下腺、顎下腺)を支配します。

VIII 内耳神経 Vestibulocochlear nerve

聴覚と平衡機能を司る感覚神経です。
・蝸牛神経:聴覚に関係し、側頭葉の聴覚領野に音刺激を伝えます。
・前庭神経:平衡感覚に関係し、身体の移動やバランスの変化によって生じる平衡感覚を感知します。

IX 舌咽神経 Glossopharyngea nerve

運動神経、感覚神経、自律神経の線維を含む混合神経です。
・運動神経:迷走神経とともに、咽頭筋、喉頭筋を支配します。
・感覚神経:舌の後1/3の味覚と、口蓋、咽頭、中耳の一部の知覚を司ります。
・自律神経(副交感神経):唾液腺(耳下腺)を支配しています。

X 迷走神経 Vagus nerve

運動神経、感覚神経、自律神経の線維を含む混合神経です。
・運動神経:喉頭、声帯を支配し、発声や嚥下を司ります。
・感覚神経:喉頭蓋、耳介後部、外耳道の一部を支配します。
・自律神経(副交感神経):心臓、肺、腹腔内臓器に分布します。

XI 副神経 Accessory nerve

胸鎖乳突筋、僧帽筋、一部の喉頭筋を支配する運動神経です。

XII 舌下神経 Hypoglossal nerve

舌筋群を支配する運動神経です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 脳と神経
-

執筆者:

関連記事

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

喉頭がん

喉頭に発生した悪性の腫瘍です。 喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「 …

人工内耳

人工内耳とは 人工内耳とは、重度の聴覚障害者の聴力を取り戻すための人工臓器です。手術により、内耳の奥にある蝸牛に電極を差込み、電極から聴神経に直接電気刺激をして、その電気情報を「聴こえ」として脳に伝え …

誤嚥と誤嚥性肺炎

誤嚥とは 通常、食べ物を嚥下するときには、食べ物は食道へ流れ込みますが、これが食道ではなく気管に入ってしまう状態のことを誤嚥といいます。 誤嚥をしたときには、激しくむせて誤嚥物を喀出しようとする防御機 …

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。 …