STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 嚥下障害

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

投稿日:

摂食・嚥下過程の流れ

正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。

  1. 先行期:目で見て食べ物を認知する
  2. 準備期:食べ物を口の中にいれよく噛む
  3. 口腔期:舌が食べ物を後ろ側に送り込む
  4. 咽頭期:食べ物が咽頭を通過する
  5. 食道期:食べ物が食道を通過する

stage

摂食・嚥下障害が疑われる症状

以下のような症状がみられる場合は、摂食・嚥下障害が疑われます。

  • 食事中によくむせる(とくに水分でむせることが多く、みそ汁などを避けるようになる)
  • 食事中でなくても突然むせる、咳込む(唾液でむせているもの)
  • 飲み込んだ後も、口腔内に食物が残っている
  • ご飯より麺類を好むようになったり、咀嚼力低下や歯科的問題で噛まなくてよいものを好むようになる
  • 食事の後、がらがら声になる
  • 食べるとすぐ疲れて、全部食べられない
  • 体重が徐々に減ってきた
  • 毎日飲んでいた薬を飲みたがらない
  • 水分をとりたがらない(尿量が減った)
  • 発熱を繰り返す(誤嚥性肺炎の疑い)
  • 夜間、咳込むことがある

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 嚥下障害
-, ,

執筆者:

関連記事

喉頭乳頭腫

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。 また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に …

吃音者に「ゆっくり話して」は間違い?

吃音に対する一般的なアドバイスにある間違いとは? 吃音の子どもと話しをするときに多くの親御さんは、「ゆっくりでいいよ」「落ち着いてからでいいよ」「もう一度言ってごらん」など、話し方についてアドバイスし …

内耳の疾患

内耳とは 蝸牛(かぎゅう)とそこからつながる神経から作られる器官を内耳と呼びます。 内耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 内 …

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査)

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査) 嚥下障害を診断する検査には、嚥下障害の有無を簡便に評価するスクリーニングテストと嚥下障害の障害程度を評価する検査があります。 嚥下運動は外部から観察し …

外耳の疾患

外耳とは 耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。 外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 耳介奇形 生まれつきの耳介の …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ