STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 嚥下障害

嚥下体操

投稿日:2015年10月19日 更新日:

嚥下体操

嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。

体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを図り、誤嚥予防に効果があります。また、リラクゼーションの効果もあり、嚥下器官の準備や食事開始直後のむせを軽減させる目的もあります。

嚥下体操は簡単に行えるうえに効果も高いため、医療の現場だけでなく、介護の現場にも取り入れられてきています。

嚥下体操印刷用(PDF)

enngetaisou

顎持ち上げ体操、嚥下おでこ体操

横浜嚥下症例検討会の西山先生からいただきました。こちらも参考にしてください。

agomotiagetaisou

engeodekotaisou

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 嚥下障害
-,

執筆者:

関連記事

吃音者に「ゆっくり話して」は間違い?

吃音に対する一般的なアドバイスにある間違いとは? 吃音の子どもと話しをするときに多くの親御さんは、「ゆっくりでいいよ」「落ち着いてからでいいよ」「もう一度言ってごらん」など、話し方についてアドバイスし …

超皮質性感覚失語

超皮質性感覚失語とは 発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した …

高次脳機能障害の主な症状

記憶障害 新しいことが覚えられない、過去のエピソードを忘れてしまう、大切な物をしまった場所を忘れてしまう、何度も同じことを聞いてしまう、などの記憶の障害です。 新しいことが覚えられない前向性健忘と発所 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器とは

外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳かけ型は本体に全ての部品を配置 …