STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 嚥下障害

嚥下体操

投稿日:2015年10月19日 更新日:

嚥下体操

嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。

体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを図り、誤嚥予防に効果があります。また、リラクゼーションの効果もあり、嚥下器官の準備や食事開始直後のむせを軽減させる目的もあります。

嚥下体操は簡単に行えるうえに効果も高いため、医療の現場だけでなく、介護の現場にも取り入れられてきています。

嚥下体操印刷用(PDF)

enngetaisou

顎持ち上げ体操、嚥下おでこ体操

横浜嚥下症例検討会の西山先生からいただきました。こちらも参考にしてください。

agomotiagetaisou

engeodekotaisou

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 嚥下障害
-,

執筆者:

関連記事

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

新生児聴覚スクリーニングについて

全世界で1000人の赤ちゃんのうち、1~2人の赤ちゃんが両耳に難聴を持って生れてきます。赤ちゃんの難聴は、ことばの発達やコミュニケーションなどに大きな影響を与える場合があります。そのため、近年、産科で …

失語症まとめ

失語症に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆し …

残存聴力活用型人工内耳

残存聴力活用型人工内耳とは 人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残 …

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …