STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

変声障害(思春期声変わり障害)

投稿日:

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。

原因

心因やストレス、物理的な外傷によるものがあります。心因的な要因が背景にある場合は、成熟拒否のため声変わりも受け入れない状態であると考えられています。

症状

主な症状は、声がかすれる、話し声が高い、大きな声が出ないなどです。また、高い声や裏声で会話するなどの様子がみられます。

治療

治療には手術的治療と音声訓練があります。

手術的治療では、声帯の緊張を緩めて声を低くする甲状軟骨形成術3型が適用されます。音声訓練では、甲状軟骨喉頭突起(のど仏)を後下方に圧迫することにより声が出しやすくなる状態を利用したカイザー・グッツマン法という発声方法を行っていきます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

言語発達障害に関する記事まとめ

言語発達障害やことばの遅れに関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法に …

吃音の進展段階

吃音の症状の進展 吃音には、症状が進展する特徴を持っています。 症状の進展具合を「進展段階」といい、4つの層あります。4つの層は第1層から始まり、第4層に進むにつれ、吃音の症状は重症化していきます。 …

特異的言語発達障害

特異的言語発達障害とは 言語発達に関わる要因としての聴覚障害、知的障害、対人関係障害(広汎性発達障害)、脳の器質的障害、発声発語器官の障害、環境の問題などに原因がないにもかかわらず、言語発達が特異的に …

伝導失語

伝導失語 発話は流暢で抑揚や構音は正常ですが、音の誤りが多いことが特徴です。誤り音に対しては、自己修正を繰り返しながら正しい音に近づこうとする様子が見られますが、自己修正を繰り返すために、発話に間が多 …

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイン …