STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

変声障害(思春期声変わり障害)

投稿日:

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。

原因

心因やストレス、物理的な外傷によるものがあります。心因的な要因が背景にある場合は、成熟拒否のため声変わりも受け入れない状態であると考えられています。

症状

主な症状は、声がかすれる、話し声が高い、大きな声が出ないなどです。また、高い声や裏声で会話するなどの様子がみられます。

治療

治療には手術的治療と音声訓練があります。

手術的治療では、声帯の緊張を緩めて声を低くする甲状軟骨形成術3型が適用されます。音声訓練では、甲状軟骨喉頭突起(のど仏)を後下方に圧迫することにより声が出しやすくなる状態を利用したカイザー・グッツマン法という発声方法を行っていきます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

構音の発達と仕組み

構音の発達 構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。 子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ …

無喉頭音声とは

無喉頭音声とは 喉頭がんや下咽頭がんの根治治療のために喉頭全摘出手術を行うことがあります。この手術を行うと、気管と食道が完全に分離されるために、通常の発声が不能になり、そのため、通常の音声の代わりとな …

言語発達障害とは

言語発達障害とは 言語発達障害とは、正常発達に比べてことばの数が少ない、長文を構成できない、話し言葉を理解できない、助詞が理解できない、発音がはっきりしないなどの言語習得の遅れた状態を指します。 発達 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

脳外傷とは

脳外傷とは 脳外傷とは、外部からの物理的な圧力が加わって、脳に損傷が生じた状態を指し、ヘルメットを着用したオートバイ事故のように、頭部に直接の打撲がない場合でも、強く脳が揺れることにより起こります。 …