STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

喉頭炎

投稿日:

喉頭粘膜の炎症性症状です。風邪の症状として現れることが多い疾患です。鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、咽頭炎などを合併することもあります。

原因

原因は、ウイルスや細菌の感染、声の過度の酷使、急激な気温の変化、タバコの煙の吸入などがあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)、刺激性発作性の咳、のどの乾燥感、異物感、痰などです。

鼻炎、副鼻腔炎を合併した場合は鼻汁や頭痛、扁桃炎や咽頭炎が合併した場合はのどの痛みや発熱などの症状を伴います。またこれらの症状に続いて、喉頭炎の症状が出てくることもあります。

治療

治療は、風邪に準じる全身療法、薬物(消炎薬や鎮咳薬)の投与、細菌感染が疑われる場合は抗生剤の投与が有効です。また、声を使わない指導やうがい、飲酒や喫煙を控えるなどの生活面の指導も行います。

多くの場合、数日から数週で治ります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

ブローカ失語

ブローカ失語とは たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保 …

マスクが聴覚障害者とのコミュニケーションの妨げになると知っていますか?

花粉症対策やインフルエンザ予防にマスクをする人が多くなるこの季節ですが、マスク1枚隔てるだけで聴覚障害者にとっては大幅にコミュニケーションが取りづらくなってしまうことを知っていますか? 聴覚障害者のな …

脳の機能と構造

脳の機能と構造 脳とは、運動・知覚などの情報伝達の最上位中枢器官であり、また、感情・情緒・理性などの精神活動においても重要な役割を果たしています。 脳は大きく分けて、大脳(終脳)、間脳、小脳、脳幹の4 …