STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

喉頭外傷

投稿日:

喉に負った怪我のことをいいます。

原因

原因は、人体の外側から負う場合と内側から負う場合に分かれます。

外傷が外から作用する外損傷

スポーツ(剣道の突きや格闘技の首絞めなど)、交通事故、自殺未遂、裂傷などが原因となります。

外傷が内側から作用する内損傷

内視鏡、挿管などの器具、熱傷、化学物質腐食剤の吸引などが原因となります。

症状

症状は、傷の度合いにより異なりますが、呼吸困難、喀血、嗄声、局所痛、血腫、皮下気腫などが現れます。

治療

治療は、原因となる外傷に対する治療を行っていきます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

吃音者に「ゆっくり話して」は間違い?

吃音に対する一般的なアドバイスにある間違いとは? 吃音の子どもと話しをするときに多くの親御さんは、「ゆっくりでいいよ」「落ち着いてからでいいよ」「もう一度言ってごらん」など、話し方についてアドバイスし …

食べやすい食品と食べにくい食品

食べやすい食品と食べにくい食品 嚥下障害者には、食べやすい食品と食べにくい食品があります。 食べやすい食品とは、「口の中で拡がらず、くっつかずにひと塊りで飲み込める食品」です。逆に口の中でバラバラにな …

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査)

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査) 嚥下障害を診断する検査には、嚥下障害の有無を簡便に評価するスクリーニングテストと嚥下障害の障害程度を評価する検査があります。 嚥下運動は外部から観察し …

伝導失語

伝導失語 発話は流暢で抑揚や構音は正常ですが、音の誤りが多いことが特徴です。誤り音に対しては、自己修正を繰り返しながら正しい音に近づこうとする様子が見られますが、自己修正を繰り返すために、発話に間が多 …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。