STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

喉頭乳頭腫

投稿日:

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。

また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に難渋することの多い疾患です。良性の腫瘍ではありますが、成人の場合は数%の確率で悪性化(ガン)することもあります。

症状

主な症状は、乳頭腫により声帯の振動が妨げられ起こる嗄声(声のかすれ)です。症状は徐々に出ますが、声帯全体に腫瘍が広がった場合には、まったく声が出なくなることもあります。

小児では放置していると腫瘍の増殖から気道狭窄を起こし、呼吸困難や喘鳴(ぜんめい)(ぜーぜーする呼吸音)、チアノーゼを来すこともあり、注意が必要です。

治療

治療は、レーザーにより蒸散する治療が主流です。乳頭腫が限局した腫瘍を形成している場合には適した治療法ですが、声帯全体に広がっている場合には、広範にレーザー照射を行うと術後の声は悪くなります。また、乳頭腫の再発に対して繰り返しレーザー手術を行うと、喉頭が瘢痕狭窄したり癒着を生じ、呼吸困難を起こす場合もあります。

他の治療法にインターフェロンの局所注入療法があり、再発を繰り返す例で劇的な効果が得られる場合があります。また、漢方療法による治療が有効であったとする報告もあります。

手術は全身麻酔下で行うのが一般的ですが、麻酔時に気管内挿管を行う際、チューブによって声帯周囲にあった乳頭腫が播種される恐れがあるので、気管内挿管を行わない特殊な全身麻酔下に行うなどの配慮が必要です。

小児の場合、まれに思春期以降に自然消退することが報告されています。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

とろみの必要性について

とろみの必要性について 口から食べる機能が障害されると、一般的に水分やお茶、味噌汁のようなものが上手に飲めなくなります。水のようにサラサラした粘度の低い液体は、動きが速く、口の中で広がりやすいため、誤 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

補聴器の福祉制度の利用

総合支援法による補装具費支給制度 障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。 聴覚障害の等級や障害の状況により支 …

構音障害とは

喉頭(声帯)でつくられた声の基が、舌や口蓋、唇などの声道の動きによって「あ」や「か」などの話し言葉に変わります。この声道の動きによって話し言葉となる過程を構音といい、舌や口蓋、唇などの声道のことを構音 …