STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯ポリープ

投稿日:

声帯に炎症性の脹れができた状態です。ポリープの大きさはまちまちで、原則は声帯の片側にできますが、まれに両側にできる場合もあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。空気が漏れる感じの声で、やや低音気味になります。ポリープが大きなものになると、呼気の流れをさえぎり声が出なくなったり、吸気できず呼吸困難を起こすこともあります。

原因

原因は、カラオケや演説、怒鳴り声などの声の酷使や喫煙習慣が多い傾向にあります。また、悪い発声習慣による原因もみられます。

声帯に激しい刺激が加わることにより粘膜下の血管が破たんし、血腫ができます。この状態のときに声を安静にすれば血腫はなくなりますが、かまわずに声を酷使し続けるとポリープになります。

治療

治療は声の衛生管理が基本となります。保存治療、手術治療のいずれの選択もありますが、声の出し方を治さなければまた再発する恐れがあります。そのため、どちらの治療法でも正しい声の出し方を指導します。

保存治療としては、炎症を抑える薬を投与します。また、声の酷使が原因で炎症が起きた場合は、沈黙により声帯への刺激をさけていきます。

手術治療としては、全身麻酔をかけ、喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)を行い、ポリープを摘出していきます。まれにポリープのような外観のガンがあるため、摘出したポリープは病理組織診断にかけて悪性の有無をチェックします。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …

声帯溝症(せいたいこうしょう)

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。 この記事の …

喉頭麻痺

喉頭の動きに関係する神経に何らかの原因が生じて、声帯やその他の喉頭の筋肉の動きが障害された状態を喉頭麻痺といいます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

歯科記事まとめ

歯科に関する記事をまとめました。新しい記事を投稿しましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆してい …

低酸素脳症とは

低酸素脳症とは 低酸素脳症とは、循環器や呼吸器の不全などにより、十分な酸素の供給ができなくなり脳に障害をきたした病態を言います。 低酸素脳症には、通常、組織への血流量の低下(虚血)と、血液の酸素運搬能 …