STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

ポリープ様声帯

投稿日:

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。

原因

原因は、加齢と喫煙です。男性で特に中年以降の飲酒と喫煙の多い方に生じる傾向があります。

症状

主な症状は嗄声(声のかすれ)です。ガラガラとした感じで、低い重厚感のある声が特徴です。咳払いやのどの違和感がある場合もあります。また、声帯の腫脹が高度になると呼吸困難になる恐れもあります。

治療

治療としては、基本は声の衛生管理です。保存的治療では軽快することが少なく、ほとんどが喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)による手術治療です。

しかし、ポリープ様声帯は、「低くて味のある声」とも言い換えることができます。魅力的な声質としてその人の個性になっている場合もあれば、声楽家でバスを出すために声の不摂生を心掛けポリープ様声帯を保っている場合もあります。程度の問題もありますが、その人がその声質を個性として保っているならば必ずしも治療する必要はありません。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドについて 嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。 すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食か …

音声振戦症

本態性振戦症という疾患の症状のひとつで、声の「ふるえ」が起こります。 ※ 本態性振戦症とは、原因不明の身体に「ふるえ」が起こる疾患です。症状は「ふるえ」のみで、手や足、声など身体上に「ふるえ」がみられ …

声帯ポリープ

声帯に炎症性の脹れができた状態です。ポリープの大きさはまちまちで、原則は声帯の片側にできますが、まれに両側にできる場合もあります。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器 …

超皮質性混合失語

超皮質性混合失語とは 発話は非流暢で、自分からはほとんど話しません。しかし、質問するとそれをそのまま、あるいは一部を繰り返す反響言語(オウム返し)や文章の残りの部分を続ける補完現象がみられます。復唱は …

喉頭がん

喉頭に発生した悪性の腫瘍です。 喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「 …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ