STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

音声障害とは

投稿日:2015年10月1日 更新日:

風邪を引いて咳がひどく出た後、お酒を飲みすぎた後、カラオケで歌いすぎた後etc…のどを普段よりも酷使した後に「声が嗄れてガラガラになった」、「声が出なくなった」という経験はないでしょうか?

これらの症状は一時的なもので、数日したら元の声に戻りますが、症状が繰り返し出たり、継続して出たりした場合には「音声障害」と考えられます。

症状としては、年齢や性別から考えて声が異常に高いまたは低い、声がごわごわしているまたは弱々しい、息切れが多く長い発声ができない、など明らかに異常を感じる場合は音声障害です。

声の仕組み

声とは、以下のような過程を経て生成されます。

  • 吸い込んだ空気を肺が吐き出し、その空気が声帯の間を通ります。
  • 喉頭の調節により声帯が振動し、ことばの基となる音源を作ります。
  • 最後に口腔や舌が動いて、声の音源を「あ」や「か」などの話しことばとしての「声」に変えていきます。

dannmenn

症状の分類

音声障害は、声帯の異常により「声帯の病変に基づく音声障害」、「声帯の運動障害に基づく音声障害」、「声帯に著変を認めない音声障害」の3つに分類されます。

声帯の病変に基づく音声障害

などなど

声帯の運動障害に基づく音声障害

声帯の著変を認めない音声障害

などなど

※この3つの分類に当てはまらない特殊な例として、喉頭摘出後の音声障害や気管切開例などがあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害
-

執筆者:

関連記事

ウェルニッケ失語

ウェルニッケ失語とは 滑らかで流暢ですが、中身がなく作ったような発話が特徴で、発話量は正常並みからそれ以上にあります。言葉の誤りがひどく、言おうとしている言葉が何か判別できないほどに変化してしまうこと …

無喉頭音声とは

無喉頭音声とは 喉頭がんや下咽頭がんの根治治療のために喉頭全摘出手術を行うことがあります。この手術を行うと、気管と食道が完全に分離されるために、通常の発声が不能になり、そのため、通常の音声の代わりとな …

外耳の疾患

外耳とは 耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。 外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 耳介奇形 生まれつきの耳介の …

伝導失語

伝導失語 発話は流暢で抑揚や構音は正常ですが、音の誤りが多いことが特徴です。誤り音に対しては、自己修正を繰り返しながら正しい音に近づこうとする様子が見られますが、自己修正を繰り返すために、発話に間が多 …

器質性構音障害

器質性構音障害とは 言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。 原因 器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なもの …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。