STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

音声障害とは

投稿日:2015年10月1日 更新日:

風邪を引いて咳がひどく出た後、お酒を飲みすぎた後、カラオケで歌いすぎた後etc…のどを普段よりも酷使した後に「声が嗄れてガラガラになった」、「声が出なくなった」という経験はないでしょうか?

これらの症状は一時的なもので、数日したら元の声に戻りますが、症状が繰り返し出たり、継続して出たりした場合には「音声障害」と考えられます。

症状としては、年齢や性別から考えて声が異常に高いまたは低い、声がごわごわしているまたは弱々しい、息切れが多く長い発声ができない、など明らかに異常を感じる場合は音声障害です。

声の仕組み

声とは、以下のような過程を経て生成されます。

  • 吸い込んだ空気を肺が吐き出し、その空気が声帯の間を通ります。
  • 喉頭の調節により声帯が振動し、ことばの基となる音源を作ります。
  • 最後に口腔や舌が動いて、声の音源を「あ」や「か」などの話しことばとしての「声」に変えていきます。

dannmenn

症状の分類

音声障害は、声帯の異常により「声帯の病変に基づく音声障害」、「声帯の運動障害に基づく音声障害」、「声帯に著変を認めない音声障害」の3つに分類されます。

声帯の病変に基づく音声障害

などなど

声帯の運動障害に基づく音声障害

声帯の著変を認めない音声障害

などなど

※この3つの分類に当てはまらない特殊な例として、喉頭摘出後の音声障害や気管切開例などがあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害
-

執筆者:

関連記事

脳波を利用した聴力検査

脳波を利用した聴力検査とは 純音聴力検査や語音聴力検査、幼児聴力検査は、「きこえ」を調べるにあたって、検査を受ける本人に「きこえる」「きこえない」を応答してもらう自覚的聴力検査と言います。しかし、この …

器質性構音障害

器質性構音障害とは 言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。 原因 器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なもの …

補聴器はどこで買うの?購入までの流れを説明

初めて補聴器を購入する場合、どこで購入すればよいのか、どうやって購入すればよいのか悩むことだと思います。 補聴器専門店が先か病院の受診が先か。ここではスムーズに補聴器を購入するための流れを説明します。 …

ブローカ失語

ブローカ失語とは たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保 …

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査)

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査) 嚥下障害を診断する検査には、嚥下障害の有無を簡便に評価するスクリーニングテストと嚥下障害の障害程度を評価する検査があります。 嚥下運動は外部から観察し …