音声障害とは

風邪を引いて咳がひどく出た後、お酒を飲みすぎた後、カラオケで歌いすぎた後etc…のどを普段よりも酷使した後に「声が嗄れてガラガラになった」、「声が出なくなった」という経験はないでしょうか?

これらの症状は一時的なもので、数日したら元の声に戻りますが、症状が繰り返し出たり、継続して出たりした場合には「音声障害」と考えられます。

症状としては、年齢や性別から考えて声が異常に高いまたは低い、声がごわごわしているまたは弱々しい、息切れが多く長い発声ができない、など明らかに異常を感じる場合は音声障害です。

声の仕組み

声とは、以下のような過程を経て生成されます。

  • 吸い込んだ空気を肺が吐き出し、その空気が声帯の間を通ります。
  • 喉頭の調節により声帯が振動し、ことばの基となる音源を作ります。
  • 最後に口腔や舌が動いて、声の音源を「あ」や「か」などの話しことばとしての「声」に変えていきます。

dannmenn

症状の分類

音声障害は、声帯の異常により「声帯の病変に基づく音声障害」、「声帯の運動障害に基づく音声障害」、「声帯に著変を認めない音声障害」の3つに分類されます。

声帯の病変に基づく音声障害

  • 声帯ポリープ
  • 声帯結節
  • ポリープ様声帯
  • 声帯溝症(こうしょう)
  • 喉頭炎
  • 声帯嚢胞(のうほう)
  • 声帯肉芽腫(喉頭肉芽腫)
  • 声帯白斑症
  • 喉頭乳頭腫
  • 喉頭がん
  • 喉頭外傷
  • 声帯硬化病変

などなど

声帯の運動障害に基づく音声障害

  • 喉頭麻痺

声帯の著変を認めない音声障害

  • 機能性発声障害(心因性を含む)
  • 痙攣性発声障害
  • 音声振戦症
  • 変声障害
  • ホルモン音声障害
  • 加齢に伴う声帯萎縮

などなど

※この3つの分類に当てはまらない特殊な例として、喉頭摘出後の音声障害や気管切開例などがあります。