声帯ポリープ

声帯に炎症性の脹れができた状態です。ポリープの大きさはまちまちで、原則は声帯の片側にできますが、まれに両側にできる場合もあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。空気が漏れる感じの声で、やや低音気味になります。ポリープが大きなものになると、呼気の流れをさえぎり声が出なくなったり、吸気できず呼吸困難を起こすこともあります。

原因

原因は、カラオケや演説、怒鳴り声などの声の酷使や喫煙習慣が多い傾向にあります。また、悪い発声習慣による原因もみられます。

声帯に激しい刺激が加わることにより粘膜下の血管が破たんし、血腫ができます。この状態のときに声を安静にすれば血腫はなくなりますが、かまわずに声を酷使し続けるとポリープになります。

治療

治療は声の衛生管理が基本となります。保存治療、手術治療のいずれの選択もありますが、声の出し方を治さなければまた再発する恐れがあります。そのため、どちらの治療法でも正しい声の出し方を指導します。

保存治療としては、炎症を抑える薬を投与します。また、声の酷使が原因で炎症が起きた場合は、沈黙により声帯への刺激をさけていきます。

手術治療としては、全身麻酔をかけ、喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)を行い、ポリープを摘出していきます。まれにポリープのような外観のガンがあるため、摘出したポリープは病理組織診断にかけて悪性の有無をチェックします。

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。少し空気が漏れる感じの声で、やや硬い声質になります。

原因

原因は、声帯への慢性的な機械的刺激です。声を過度に使う職業の方に多く、歌手、教師、声楽家に生じやすいです。また、小児の男児にも多くみられ、スポーツでの掛け声や声援が原因と考えられます。

治療

治療は、声帯ポリープと同様の方法で行います。

基本は声の衛生管理です。保存治療では、消炎剤の投与、手術治療では結節の除去になります。

しかし、結節の場合は、悪性にはならないので、手術で無理に除去せずとも人体への支障はありません。声の衛生管理により、小さな結節ならば、声を使わない期間を設けることで自然と消失します。また、小児の場合は、声変わりを契機に消失することが多いようです。職業に大いに関係する疾患のため、手術により除去するのではなく、声の衛生管理を通して正しい声の出し方を学び、自然と消失させたほうが体への負担も少なく、再発防止にもつながります。

ポリープ様声帯

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。

原因

原因は、加齢と喫煙です。男性で特に中年以降の飲酒と喫煙の多い方に生じる傾向があります。

症状

主な症状は嗄声(声のかすれ)です。ガラガラとした感じで、低い重厚感のある声が特徴です。咳払いやのどの違和感がある場合もあります。また、声帯の腫脹が高度になると呼吸困難になる恐れもあります。

治療

治療としては、基本は声の衛生管理です。保存的治療では軽快することが少なく、ほとんどが喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)による手術治療です。

しかし、ポリープ様声帯は、「低くて味のある声」とも言い換えることができます。魅力的な声質としてその人の個性になっている場合もあれば、声楽家でバスを出すために声の不摂生を心掛けポリープ様声帯を保っている場合もあります。程度の問題もありますが、その人がその声質を個性として保っているならば必ずしも治療する必要はありません。

声帯溝症(せいたいこうしょう)

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。

原因

原因は、長期による炎症の残遺、加齢による声帯の変化、生まれつきのものがあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)と息漏れです。また、大きな声が出せない、話すことが辛いなどの訴えもみられます。声門閉鎖不全により「息こらえ」ができなくなるため、力が入れにくくなり、スポーツや荷物の運搬などに支障が生じることもあります。

治療

治療は、声門閉鎖不全の改善に焦点を当てていきます。

保存的治療としては、音声訓練を行います。プッシング法という手技を行います。

手術的治療としては、声帯内注入術、喉頭形成手術、声帯再生手術などを選択していきます。また、術後は正しい発声方法を獲得するために音声訓練を行います。

喉頭炎

喉頭粘膜の炎症性症状です。風邪の症状として現れることが多い疾患です。鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、咽頭炎などを合併することもあります。

原因

原因は、ウイルスや細菌の感染、声の過度の酷使、急激な気温の変化、タバコの煙の吸入などがあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)、刺激性発作性の咳、のどの乾燥感、異物感、痰などです。

鼻炎、副鼻腔炎を合併した場合は鼻汁や頭痛、扁桃炎や咽頭炎が合併した場合はのどの痛みや発熱などの症状を伴います。またこれらの症状に続いて、喉頭炎の症状が出てくることもあります。

治療

治療は、風邪に準じる全身療法、薬物(消炎薬や鎮咳薬)の投与、細菌感染が疑われる場合は抗生剤の投与が有効です。また、声を使わない指導やうがい、飲酒や喫煙を控えるなどの生活面の指導も行います。

多くの場合、数日から数週で治ります。

声帯嚢胞(せいたいのうほう)

声帯に袋状の良性の腫瘍が生じた状態です。

原因

原因は、大声に伴う声帯の強い衝突によって粘液腺が詰まるなどで生じます。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。

治療

治療は、手術的治療により、嚢胞の袋を除去します。

声帯肉芽腫(喉頭肉芽腫)

声帯の後ろの方や声帯突起部などにできる肉芽(炎症組織)のことです。片側性、両側性どちらの病変もあり、肉芽は良性腫瘍に分類されます。

原因

原因は、3つに分類できます。

一つ目は、声の張り上げ過ぎや習慣的な強い発声、頻回な咳払いにが原因で起こる肉芽腫で、接触性肉芽腫と呼びます。声を張り上げすぎたり、発声で無理をし過ぎると声帯の突起部分が強くこすりあって、声帯に小さい傷が生じます。その傷が潰瘍を生じて、その部分が出っ張ってきて良性の肉芽が発生します。

二つ目は、手術中の気管内挿管によって、声帯軟骨部が傷つけられてしまうことが原因の肉芽腫です。傷つけられた部位に肉芽が発生し、挿管性肉芽腫と呼ばれます。

三つ目は、逆流性食道炎による胃酸の刺激や物理的な刺激を原因とするものです。

また、稀に結核菌や梅毒の感染、サルコイドーシスが原因となり肉芽腫が発生する場合もあります。

症状

主な症状は、のどの痛みや嗄声(声のかすれ)などです。肉芽腫が出来ると、声が出しづらくなるため、大声で話したり、咳払いを多用するようになります。そうした結果、肉芽腫が大きくなり、のどの違和感、声の出しづらさも増し、さらに声を出そうと大声や咳払いをし・・・と悪循環を招き、肉芽腫が大きくなりやすいことが多いようです。

治療

治療は、肉芽腫をそのまま残しておく保存的治療を選択します。

保存的治療では、声の衛生管理、発声指導やピッチ調整などの音声訓練、薬物投与を行っていきます。また、逆流性食道炎が原因の場合には、そちらの治療も行っていきます。感染が原因の場合も感染源の治療を行っていきます。

保存的治療が難しい場合や改善がない場合は、手術的治療を行っていきます。手術的治療では、声帯ポリープと同様、喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)を行います。

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。

原因

原因は、声の酷使や喫煙などの声帯への慢性的な刺激、飲酒が考えられます。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。

治療

治療は、手術的治療を行います。レーザーによる病変部の焼灼が一般的です。

喉頭乳頭腫

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。

また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に難渋することの多い疾患です。良性の腫瘍ではありますが、成人の場合は数%の確率で悪性化(ガン)することもあります。

症状

主な症状は、乳頭腫により声帯の振動が妨げられ起こる嗄声(声のかすれ)です。症状は徐々に出ますが、声帯全体に腫瘍が広がった場合には、まったく声が出なくなることもあります。

小児では放置していると腫瘍の増殖から気道狭窄を起こし、呼吸困難や喘鳴(ぜんめい)(ぜーぜーする呼吸音)、チアノーゼを来すこともあり、注意が必要です。

治療

治療は、レーザーにより蒸散する治療が主流です。乳頭腫が限局した腫瘍を形成している場合には適した治療法ですが、声帯全体に広がっている場合には、広範にレーザー照射を行うと術後の声は悪くなります。また、乳頭腫の再発に対して繰り返しレーザー手術を行うと、喉頭が瘢痕狭窄したり癒着を生じ、呼吸困難を起こす場合もあります。

他の治療法にインターフェロンの局所注入療法があり、再発を繰り返す例で劇的な効果が得られる場合があります。また、漢方療法による治療が有効であったとする報告もあります。

手術は全身麻酔下で行うのが一般的ですが、麻酔時に気管内挿管を行う際、チューブによって声帯周囲にあった乳頭腫が播種される恐れがあるので、気管内挿管を行わない特殊な全身麻酔下に行うなどの配慮が必要です。

小児の場合、まれに思春期以降に自然消退することが報告されています。

喉頭がん

喉頭に発生した悪性の腫瘍です。

喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「声門上がん」「声門下がん」の3つに分けられています。最も多いのは声門がんで60~65%を占めます。声門上がんは30~35%であり、声門下がんは1~2%と極めてまれです。

原因

原因は、喫煙歴との高い相関があります。近年では、女性の喫煙者が増えたことにより、女性でも喉頭がんを発症する割合が増加してきました。また、喫煙歴がない場合でも、飲酒歴や逆流性食道炎の影響で喉頭がんが発症することが指摘されています。食生活の欧米化が進み、日本でも逆流性食道炎を患う方が増えてきました。胃液などの逆流により喉頭が慢性的に刺激を受けることが喉頭がんを誘因するようです。

症状

声帯にがんが発生した場合は、早期から嗄声(声のかすれ)が症状として現れます。
しかし、声門上がん、声門下がんの場合は、必ずしも声の症状を呈してきません。いがらっぽさ、異物感、食べ物をのみ込んだときの痛みなどの症状がみられます。時に無症状のまま腫瘍が増大し、気道狭窄、嚥下困難などの症状が出現する場合があります。

治療

治療は、放射線治療、手術的治療が中心となります。

早期発見によりかなり高い治癒率をほこり、小さながん、周囲への浸潤がないがんでは放射線治療でかなりの確率で治ります。レーザー治療も同等の有効性があります。

ただし、進行したがんや、部位によっては効果に限界があります。またまわりの正常組織に障害を残さずかけられる量にも限界があり何回もかけるわけにはいきません。手術が中心となり場合により放射線、抗がん剤を組み合わせていきます。

手術には大きく分け喉頭部切術と喉頭全摘術があります。喉頭部分切除術は早期がんに行われ、声帯を一部残す手術です。質は多少悪くなりますが声をのこすことができます。喉頭全摘術は部分切除の適応を逸脱した早期がんや進行がんに行われ、声は失われます。そこで術後食道発声や電気喉頭など代用発声で補う事になり練習が必要となります。(詳しくは無喉頭音声とはをご覧ください)

がんの治療は、進行度や部位だけでなく患者さんの年齢、全身状態、職業、社会的条件なども考慮にいれたうえで最終的に選択されます。

喉頭外傷

喉に負った怪我のことをいいます。

原因

原因は、人体の外側から負う場合と内側から負う場合に分かれます。

外傷が外から作用する外損傷

スポーツ(剣道の突きや格闘技の首絞めなど)、交通事故、自殺未遂、裂傷などが原因となります。

外傷が内側から作用する内損傷

内視鏡、挿管などの器具、熱傷、化学物質腐食剤の吸引などが原因となります。

症状

症状は、傷の度合いにより異なりますが、呼吸困難、喀血、嗄声、局所痛、血腫、皮下気腫などが現れます。

治療

治療は、原因となる外傷に対する治療を行っていきます。