STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

加齢に伴う声帯萎縮

投稿日:

加齢により声帯の筋肉が委縮した状態です。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)、声が続かない、大きな声が出せないなどです。

治療

治療は、甲状軟骨形成術1型や3型、声帯内脂肪注入術を行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

外耳の疾患

外耳とは 耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。 外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 耳介奇形 生まれつきの耳介の …

吃音の言語症状

吃音の言語症状 吃音には3種類の特徴的な症状があります。一つ目はことばの話し方そのものにみられる言語症状、二つ目は言語症状に連動して身体面に起こる運動や動作などの随伴症状、三つ目は吃音によって引き起こ …

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

残存聴力活用型人工内耳

残存聴力活用型人工内耳とは 人工内耳の対象者はこれまでは純音聴力検査による検査結果が両耳とも90dB以上の方となっていました。ですが、平成26年の人工内耳手術適応基準の改訂にともない、低音域に聴力が残 …

広汎性発達障害

広汎性発達障害(pervasive developmental disorders:PDD)とは、生まれつき脳に問題があり、幼児のころから相互的な社会的関係能力、コミュニケーション能力、などいくつかの …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。