STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

加齢に伴う声帯萎縮

投稿日:

加齢により声帯の筋肉が委縮した状態です。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)、声が続かない、大きな声が出せないなどです。

治療

治療は、甲状軟骨形成術1型や3型、声帯内脂肪注入術を行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


  1. 阿部重則 より:

    私は難聴です。
    妻は最近話し声に切れが減少して意思の疎通が難しくなりました。
    妻に「ハッキリした声を出して話してくれ」と言うのは無理なことでしょうか。
    先ほどの「嚥下」のご相談を致しました阿部重則です。
    メールのアドレスを書きます。6215wvpb@jcom.hom.me.jp

    阿部重則 宜しくお願いします。

阿部重則 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

FM補聴システム

FM補聴システムとは FM補聴システムとは、FM電波(169MHz帯)を使用して離れた場所にいる人の声を補聴器に直接届ける機器のことです。 機器は、話し手がもつFM送信機(マイク)と補聴器に接続するF …

難聴の種類と聞こえの程度について

難聴とは、音が全く聞こえない、または、音が聞き取りにくい状態のことを指します。原因により生まれつき聞こえない方や途中から聞こえなくなった方、加齢により聞こえにくくなった方など様々です。また、疾患によっ …

歯科記事まとめ

歯科に関する記事をまとめました。新しい記事を投稿しましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆してい …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器とは

外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳かけ型は本体に全ての部品を配置 …

無喉頭音声とは

無喉頭音声とは 喉頭がんや下咽頭がんの根治治療のために喉頭全摘出手術を行うことがあります。この手術を行うと、気管と食道が完全に分離されるために、通常の発声が不能になり、そのため、通常の音声の代わりとな …